【結婚式】招待状への返信のマナーとメッセージ文例

結婚式の招待状に返信をしようと思うけれど、いったいどんなことを書けばよいのでしょうか。

ここでは、出席する場合と欠席する場合の返信はがきのメッセージの文例をご紹介します。

結婚式の招待状が届いたら ~招待状の返信のマナー~

何を書けばよいのか?

招待状に出欠を伝える返信はがきを送る際に、名前や住所を書きますが、それ以外に一言メッセージを添えるのが主流となっています。

祝福のメッセージを一言添えると受け取った方も喜んでくれるため是非一言メッセージを添えて返信を送りましょう。

お祝いのメッセージと当日を楽しみにしているということを書けばよい

メッセージに書く内容は、まずは結婚に対する祝福のメッセージを書き、そのうえで招待してくれたことへのお礼や喜んで出席させていただく旨、そして当日を楽しみにしているという内容をコンパクトに書けば良いでしょう。

ここに注意

メッセージを書く場合にも気を付けなければいけないマナーがあります。

句読点(、。)は書かない

「お祝いごとに終止符は打たない」という意味から句読点(、。)は基本的に書かないほうが良いでしょう。

句読点がなくて読みずらい場合は、適度に改行したりスペースを開けるなどして読みやすいように整えましょう。
あまり気にしないカップルもいますが、知っていたら差が付くマナーといえます。

お祝いごとにふさわしくない「NGワード」に気を付ける

結婚式には忌み言葉といわれる使用を避けるべきNGワードが存在します。
夫婦の別離を連想させることばや不幸・死を連想させる言葉は使用しないようにしましょう。

注意
別れる、切れる、終わる、割れる、捨てる、消える、嫌い、裂ける、無くなる などは使用しない

それではメッセージのサンプルをいくつかご紹介しますので参考にしてみてください。

出席するの場合メッセージ例文

友人や親友に送る場合

この度はご結婚まことにおめでとうございます 慶んで出席させていただきます 当日は〇〇さんの花嫁姿をとても楽しみにしています
ご結婚まことにおめでとうございます ご招待いただきありがとうございます 結婚式までいそがしいかと思いますがお体に気をつけてください
この度はご結婚まことにおめでとうございます 慶んで出席させていただきます おふたりの晴れ姿がとても楽しみです

上司や先輩に送る場合

この度はご結婚まことにおめでとうございます お招きいただきありがとうございます お二人の晴れの門出に立ちあわせていただくことをとても嬉しく思っております
ご結婚まことにおめでとうございます 慶んで出席させていただきます お二人の晴れの門出を心よりお慶び申し上げます

夫婦で招待されたり家族で出席する場合

この度はまことにおめでとうございます 夫婦そろって出席させていただきます おふたりの晴れの門出に立ちあわせていただけることをとても嬉しく思います
この度はご結婚おめでとうございます 家族そろって慶んで出席させていただきます おふたりの晴れ姿を楽しみにしています

欠席する場合のメッセージ例文

欠席する場合も出席の場合と同じく、いきなり欠席すると書くのではなく、まず、結婚に対する祝福の言葉を述べた上で欠席する旨を記載しましょう。

欠席をする場合、欠席の理由をはっきりと書くべきか書かないべきかで悩むところですが、基本的には以下の基準で良いでしょう。

欠席理由を書いて良い場合

  • 自身の結婚や出産などのめでたい理由で欠席する場合<
  • 乳幼児がいるなど式中に迷惑がかからないように配慮して出席を辞退する場合
  • 以前から決まっている仕事の都合で欠席する場合

これらの理由で欠席する場合の文例をご紹介します。

このたびはご結婚まことにおめでとうございます 〇〇の結婚式を楽しみにしていたのですが 出産予定日が近いため残念ながら欠席させて頂きます おふたりの末永いお幸せをお祈りしております
このたびはご結婚おめでとうございます せっかくご招待いただいたのですがあいにく子供がまだ生後間もないので残念ながら欠席させていただきます
ご結婚まことにおめでとうございます。 あいにく来月から半年間、海外出張の予定が入ってしまいまして一時帰国ができるかどうか現時点では不透明なため残念ながら欠席をさせていただきます おふたりの末永いお幸せをお祈りしております
このたびはご結婚おめでとうございます せっかくご招待いただいたのですがあいにく子供がまだ生後間もないので残念ながら欠席させていただきます

欠席理由を書かない方が良い場合

  • 葬儀や法事など弔事を理由に欠席する場合
  • 自身や親族の病気や看病などを理由に欠席する場合

欠席理由を書かない場合は「やむを得ない事情」や「あいにく出席できません」など詳細を書かずにぼかして書くのがマナーです。

このたびはご結婚おめでとうございます せっかくお招きをいただきましたがあいにく出席できずとても残念です おふたりの末永いお幸せを心よりお祈り申し上げます
このたびはご結婚おめでとうございます せっかくお招きをいただきましたがやむを得ない事情により欠席させて頂きます おふたりの晴れの御式に伺えず本当に残念です 別便で心ばかりのお祝いをお送りします 末永いお幸せを心よりお祈りしております

さいごに

親しい間柄であれば少し砕けた表現でも構いませんが、ご両親をはじめ親族等多くの人が目にする可能性があるため羽目を外しすぎないように気をつけましょう。