結婚式の招待状が届いたら ~招待状の返信のマナー~

友人や親戚の結婚式に招待された場合、通常は招待状が郵送されてくることでしょう。
この招待状ですが、返信するにもマナーがあることをご存知ですか?

ここでは、結婚式の招待状を受け取った際に気を付けたいことや返信のマナーをまとめました。

返信メッセージの文例などはこちら(【結婚式】招待状への返信のマナーとメッセージ文例)をご覧ください。

【結婚式】招待状への返信のマナーとメッセージ文例

結婚式の出欠の連絡は電話やメールではなく、正式に招待状に返信するのがマナーです。
新郎新婦もこの招待状の返信を正式な出欠の返事として受け止めるので、メールを送ったからいいやとか電話で出席すると伝えたからいいというものではなく、招待状をきちんと返信することはとても大事なことなのです。

まずは抑えたい最低限のマナー

ペンは黒の万年筆か毛筆を使用する

招待状への返信は正式な文書となるので、黒色の万年筆か毛筆で書くのが望ましいとされています。
ボールペンでも黒色であればよしとされています。仕上がり感からして水性ボールペンがよいでしょう。

間違っても薄墨やグレー、青色など黒色以外の色や鉛筆で書くのはやめましょう。
さらに、お祝いだからと赤やピンクで書いてもいけません。

宛名の「行」を「様」へ書き直す

返信はがき表面の宛名には「○○(招待してくれた方)行」となっているので、「行」を二重線で消し、その横か下の余白に「様」と記入しましょう。
二重線を引くのが基本で、塗りつぶしたりバツをつけてはいけません。

「様」は相手への敬称となるため、名前より少し大きく書きましょう。

「御」や「芳」の字を二重線で消す

返信はがき裏面の自分の名前を書く欄にはご芳名や御芳名と印刷されています。
「御」や「芳」はこちらへの敬称となるため、こちらも返信の際には必ず消しましょう。

同じく二重線を引くのがマナーです。

出席する場合の返信はがきの書き方

出席をする場合は、招待状の裏面の出席の文字を〇で囲み、「御」や「ご」、「御欠席」を二重線で消します。

「出席」の前に「慶んで(よろこんで)」や後に「させていただきます」と記入すると丁寧でしょう。
書くスペースがなかったり、印刷している文字を利用するのが気になる場合は、メッセージ欄や余白に「慶んで出席させていただきます」と書くとよいでしょう。

祝福の気持ちと当日を楽しみにしているというメッセージを一緒に添えると受け取った方も喜んでくれるでしょう。

欠席をする場合のマナーと返信はがきの書き方

もしも都合が合わなく、残念ながら欠席をするという場合には少し配慮が必要になります。

いきなり欠席の返事は送らないで

欠席をする場合は何の連絡もなく返信はがきでいきなり欠席の連絡をするのは失礼にあたります。

そもそも事前に新郎新婦から出欠の打診があるのが通常で、こちらの予定を聞かずに招待状を送ってくることは基本的にはありません。
新郎新婦も出席してくれると思って招待状を送ってきてくれています。

出席できないのであれば返信はがきを送る前に電話かメールでお祝いの言葉を述べたうえで、出席できない旨とお詫びの気持ちを伝えましょう。

欠席の場合の返信はがきの書き方

招待状の裏面の欠席の文字を〇で囲み、同じく「御」や「ご」、「御出席」を二重線で消します。

そのうえで、お祝いの言葉と出席できないことについてのお詫びを書きましょう。

欠席の理由はどうする?

欠席をする場合は何かしらの明確な理由が必要だと思われていますが、ここでは細かく理由や言い訳を書く必要はなく、「やむを得ない事情があり」や「どうしても都合がつかない」などで構いません。

「忙しい」や「多忙につき」などは相手に対して失礼に当たるので書かないように気をつけましょう。

また、結婚式はお祝いの場なので、弔事や病気などを理由に欠席する場合は、ぼかして書くのがマナーです。

返信期限は?

この招待状の返事をもって正式な出席者数を確定するため、結婚式を挙げる本人たちは出欠の人数を早く確定したいものです。
返信期限がだいぶ先に設定されていても、都合がつくのなら受け取ったら速やかに返信をするのが親切です。

招待状が送られてくる段階というのは結婚式の詳細が決まり、出席者の人数を確定する時期でもあります。
席次を決めたり、料理や引出物の数を決める必要があるため新郎新婦にとっても早めに返事が欲しいと思っています。
招待状を受け取ったら3日以内、遅くとも1週間以内に返信をしてあげるとよいでしょう。

結婚式直前になって新郎新婦もバタバタと忙しい時期を過ごしているので、なるべくそういった事情にも配慮してあげるとよい印象を与えることができます。

逆に期限を過ぎてもなかなか返事を返さないと時間にルーズな人だと思われるだけでなく、結婚式準備にも影響を与えるので気をつけましょう。

本人たちにとっても一番最初に送ってくれた人と最後までなかなか送って来なかった人というのは後々結構覚えているものです。

すぐに出欠が確定できないときはどうする?

とはいえ、仕事の都合などで、すぐには出欠の返事ができないこともあるでしょう。

その際は電話やメール、または直接会い、本人にその旨を伝え、返信が遅れていることを謝罪しいつまでに返事が出せるかや最終の返答期限を確認しておきましょう。

行けるか行けないかを一人で悩み、ズルズルと時間を引き伸ばして直前になって返事をするというのは一番やってはいけないことです。
出欠が決められないとわかった時点ですぐに本人へ連絡するのがマナーです。

万が一返信が遅れてしまったら

結婚式の招待状は届いたらなるべく早く返信を出すか、出欠が確定できないならその旨一報を入れるのがマナーです。

たとえ返信期限が長めに設定されていても準備の都合もあるので早めに返事が欲しいというのが新郎新婦の本音です。
もしも招待状が到着してから時間が経ってしまったり、返信期限を過ぎてしまった場合は電話やメールなどで直接謝ったうえで、招待状の返信ハガキの文面にも遅くなってしまったことに関してお詫びの言葉も添えるようにしましょう。

さいごに

返信ハガキのメッセージはまず祝福をしているという気持ちを表すことが第一で、あまり形式張った形にしないという風潮もありますが、ここでは最低限の礼儀として抑えておきたいポイントをご紹介しました。
是非参考にしてみてください。

まとめ
  1. 結婚式の招待状はふたりにとってとても大切な意味があるということを理解しましょう。
  2. 招待状の返信にも書き方や返信期限などマナーがありますので失礼にあたらないようにしっかりと確認をしましょう。