式場選びの第一歩 挙式スタイルについて考える

式場選びを始める前にまず考えておきたいのはどういったスタイルで挙式を挙げるかということです。
これを考えておくことで、式場選びの方向性も見えてきます。

挙式のスタイルは様々あり、「キリスト教式」「神前(しんぜん)式」「人前(じんぜん)式」がポピュラーですが、最近では少人数の家族婚や場所、形式にとらわれない自由な挙式というものも増えています。

一番人気はキリスト教式

挙式スタイルのなかでも一番人気があり、イメージしやすいものは「キリスト教式」でしょう。
カップルの半数近くがこのスタイルを選んでいます。

真っ白の教会で純白のドレスを着てバージンロードを歩く。
女性であれば一度は憧れるのではないでしょうか。

【挙式スタイル①】 キリスト教式

伝統を重んじる神前式

また、日本の「和」の良さが見直され、日本の伝統スタイルである「神前式(しんぜんしき)」も人気があります。

神前式は主に神社で挙式を行います。
和装人気の再燃から最近では白無垢を着たいという花嫁も多く、この神前式を選ぶカップルが増えています 。

【挙式スタイル②】 神前式

形式にとらわれない人前式

さらに、宗教にとらわれずに個性的な挙式を行いたいとの要望にこたえた「人前式(じんぜんしき)」もいまや定番となりつつあります。

こちらは自分たちや司会者によって進行をします。
招待客の前で結婚の誓いを行うというところに特徴があります。

【挙式スタイル③】 人前式

これらの挙式スタイルを二人でしっかりと話し合い、ある程度希望のスタイルを決めておくことで、式場選びの際に迷いがなくなります。
実際に、気に入った会場を見つけても希望する挙式スタイルで挙式を行えないこともあるので、挙式スタイルの違いを意識して会場探しを進めるとよいでしょう。

親には早めに相談を

ある程度挙式のスタイルが固まったら、早い段階で双方の親に相談をしましょう。
結婚式は多くの親戚や知人が集まる家族と家族の行事になりますので、自分たち二人だけがよければそれでよいというわけにはいきません。
例えば、キリスト教式や神前式の場合、親族の中には宗教的な理由で問題が生じることもあります。

また、新しい挙式スタイルである「人前式」は年配の方からすると馴染みがなくすんなり受け入れられないかもしれません。
このように、招待客によって適したスタイル、適しないスタイルがあるということは頭に入れておきましょう。
なので後々トラブルにならないためにも必ず、早い段階で親に相談し、意見を聞いておくとよいでしょう。

まとめ
  1. 挙式のスタイルを知る
  2. 挙式のスタイルが固まったら一度親に相談をする