顔合わせ食事会当日の流れとポイント

顔合わせの食事会には特に決まりや形式、ルールはありません。

とはいえ、日時と場所だけをセッティングして、当日の進行を考えないで食事会を迎えると行き当たりばったりになるだけでなく両家の関係にも影響してしまう可能性があります。

ここでは、当日の進行例とポイントをご紹介します。

お出迎えから着席まで

当日は予約の時間の5分前までにはお店に到着し、それぞれの両親を食事をする部屋までエスコートしましょう。
そうすることで、ふたりのいないところで両親同士が先に会ってしまい、気まずい雰囲気になるのを避けることができます。

部屋に入ったら簡単に挨拶を行います。後ほど正式に紹介と自己紹介を行いますので、ここでは簡単な挨拶にとどめましょう。

席は、部屋の奥の上座から両家の父親、母親、本人同士が向かい合うような形で着席します。

ポイント
集合時間より早く到着し両親のエスコートを

はじめの挨拶

全員が揃い、着席をしたら食事が運ばれてくる前に進行役がはじめの挨拶を行います。

進行役は新郎となる男性や男性の父親が務めるのが一般的です。
新郎新婦が両家を招いて食事会を開いた場合は、男性本人が進行役を務めましょう。

本日集まってくださったお礼とこの会の目的を簡単に話しましょう。

「本日は私たちふたりの婚約にあたり、お忙しい中お集まりいただきありがとうございます。両家の親睦の場になればとこの会を開かせていただきました。どうぞ宜しくお願いいたします。」

両家の紹介

男性側、女性側の順に本人が家族を紹介します。

男性:「まずは、私の両親を紹介させていただきます。父の○○です。」

その後簡単に自己紹介の挨拶をしてもらいます。

男性:「続いて、母の○○です。」

同じく簡単に挨拶をしてもらい、女性側も同様に紹介します。
これは料理が出てくる前に行いましょう。

婚約記念品の交換

婚約記念品を用意している場合はここで交換し、お披露目をします。
たとえば、婚約指輪を改めて披露し、そのお返しに女性から男性へ記念品を渡します。

その後、ふたりで今後の決意や抱負、どんな家庭を築いていきたいのかを両親の前で述べると良いでしょう。

記念撮影をするならここで

記念撮影をする場合はこのタイミングが良いでしょう。

食事会の後半になると、撮るタイミングを逃してしまったり、お酒で顔が赤くなってしまうので、このタイミングで撮影するとよいでしょう。
この時撮った写真は初めて家族同士が会った記念の日となるので、後日両親に渡してあげると喜ばれるます。

また、披露宴の際にプロフィール映像などとして会場で流してもよいでしょう。

乾杯、会食、歓談

お酒が運ばれてきたら乾杯を行います。
男性の父親が乾杯の音頭を取るとよいでしょう。

そして、食事を楽しみながら両家の親睦を深めましょう。

両親同士は初めて会うケースが多いため、場がシラけないように二人で積極的に話を振るように心がけましょう。
そのためにも事前にどういったことを話すのかふたりで事前に決めておくとよいでしょう。

自然とふたりの子供のときの思い出話にもなるので、アルバムなどを用意してお互い披露すると場も盛り上がり、話が尽きる心配もないでしょう。

また、結婚式までにこうして皆で集まる機会もそうそうないでしょうから、結婚式についてのお互いの親の認識を確認し、今後のスケジュールや親に協力してもらうことなどわかる範囲で情報を共有しておきましょう。

結びの挨拶

食事が終わってお開きの時間になったら、男性本人およびふたりで結びの挨拶を行います。
改めて、本日集まってくださったお礼と今後の抱負などを語り、会を締めくくります。

「本日はお忙しいところお集まりいただきありがとうございました。こうして家族全員で集まることができて本当に嬉しく思います。これから結婚式の準備などいろいろとご相談させていただくことがあるかと思いますが、その際は宜しくお願いいたします。」

帰宅後のお礼の連絡を忘れずに

食事会が終わったらその日のうちにお互いの両親にお礼の電話をかけましょう。解散が遅くなってしまった場合は、翌日には連絡をしましょう。

また、後日はがきや手紙でお礼状を出してもおくとなおよいでしょう。
その際、食事会の時に撮影した記念写真も同封すると喜ばれるでしょう。

さいごに

顔合わせの食事会は両家の距離を近づける最初にして最大のチャンスです。

会場の選定から挨拶、当日の進行まで「和やかな雰囲気」になるよう心がけることが顔合わせ食事会成功のポイントです。