顔合わせ食事会のセッティングをする

結婚が決まり、それぞれの両親へ挨拶を行ったら両家の親を交えての顔合わせを行います。

最近では結納などは行わず、顔合わせの食事会を行うカップルが増えています。
顔合わせ食事会とはその名のとおり、顔合わせとして食事会を開くというものです。
結納品などは用意せず、婚約記念品の交換のみ行うなどカジュアルな雰囲気で行うことが多いです。

顔合わせの食事会は特に決まったルールなどはないため、食事をしながら交流を深めることが目的となります。

日程と場所を決める

日程調整は時間に余裕をもって

両家への挨拶が済んだらなるべく早めにセッティングしましょう。
遅くとも結婚式の半年前までには食事会を行うようにしたいものです。

もしもご両親が日柄にこだわるというのなら、大安や友引の日を選びましょう。
ただし、その場合は日程が限られる他に、人気のレストランや個室は先約がある可能性もあるため日程に余裕をみて調整をしましょう。

こだわりがないのなら両家が都合のよい日を優先しましょう。
この時、候補日を複数もらっておくと調整がしやすくなります。

場所はどこにするか

両家がご近所同士ならば地元の人気レストランやホテルなどと場所選びにも苦労はしませんが、地元が離れている場合は場所の調整が必要です。

両家の実家が離れている場合、男性側が女性側に出向くというのが一般的ではありますが、最近ではそこまで形式張らずに費用や時間的負担の公平さからお互いの中間地点に場所を設定することも多くなっています。

場所を決める前に一度それぞれお互いのご両親に相談してください。
くれぐれも勝手に場所を決めないよう気をつけましょう。

形式や料理の内容を決める

食事会の形式をどのようなものにするのかも事前に親へ相談しておく必要があります。

和やかに親睦を深める会だけでよいのか、儀式的な意味合いを持たせた会を望んでいるのかを事前に親の意見を聞いておきましょう。
親の世代だと結納が一般的でカジュアルな食事会で済ませるというのに抵抗があるかもしれません。
食事会の趣旨を理解してもらい出席をお願いしましょう。

料理は食べやすさを重視して

料理の内容はお互いの両親の好みのものであるだけでなく食べやすさをも考慮する必要があります。

時間をかけてゆっくり食べられるコース料理がおすすめですが、鍋料理や大皿から取り分ける料理は初対面同士では気を使って食べづらいので注意が必要です。

食事会の会場はどんなところがよいか

食事会を行うのは初めての記念の場となり、これから長く続く両家のお付き合いのはじまりでもあるので場所選びは慎重に行う必要があります。

おすすめは個室

顔合わせの食事会は個室のあるホテルや料亭、レストランがよく選ばれます。
静かにお話ができ、周りが気にならない個室がおすすめです。予算は一人1万円前後が相場でしょう。

費用負担はどうすか事前に決めておく

料金の支払いについては事前に決めておく必要があります。

基本は両家が折半ですが、相手が遠方から出向いてくれた場合などはこちらで全額持つなど柔軟に対応しましょう。

子供側が両家を招いておこなうという形を取る場合はふたりの結婚資金から支払いをします。
当日揉めたり両家が出すと言い出さないように事前に親へは説明をしておくことが望ましいでしょう。