ウェディングドレスを試着する際のポイント

花嫁にとって、ドレスは結婚式の中で自分らしさを表現できるもっとも大切で憧れのアイテムです。
お気に入りのドレスを見つけるには、まずはいろいろなタイプのウェディングドレスを試着してみることが大切です。

ここでは、ドレスショップの利用方法をご紹介します。

ショップへの予約は忘れずに

式場の提携のショップであれ、外部のショップであれ、試着をしたい場合は事前に予約の連絡を入れましょう。

予約なしでも受け付けてもらえるところもありますが、一組一組の接客時間が長いためすぐには案内してもらえなかったり、待ち時間が多くなる可能性があります。
時間を無駄にしないためにもしっかりと予約をしてから訪れましょう。

ドレスは着るのに意外と時間がかかるものです。
予約の際に試着できるドレスの数と大体の所要時間を確認しておくと予定も立てやすくなります。

誰とショップに行くのがよいか

基本的には彼とふたりで試着に行き、相談しながら決めるのがよいでしょう。

しかし、男性からするとドレスの細かな違いやこだわりなどなかなか理解できない部分もあり、あまり積極的に意見を言ってくれないこともあります。
そんなときは新婦のお母さんや同性の親族に同伴をお願いしてみましょう。
できれば遠慮なく正直に意見を言ってくれる人がベストです。

写真を撮っていろいろな角度から比較を

何着も試着をしていると前に着たドレスがどんな感じだったのかわからなくなってしまいます。

そんな時は、ショップに許可を取りドレスを着た姿を写真に収めましょう。

この時、正面からだけではなく、サイドや後ろからも撮ってもらうましょう。
そうすることで、より客観的に見ることができます。

袖を通すと全部よく見えてしまうものです。
時間をおいて冷静な目で見直してみましょう。

着やすさをしっかり確認

いくつかお気に入りのドレスを選んだら試着をし、実際に歩いたり座ったりして動きやすいかをチェックしましょう。
特に披露宴中は同じ姿勢で座り続けたり、テーブルの間の狭いスペースを移動することが多いため、きつすぎず動きやすいかどうかもチェックしましょう。

また、忘れがちですが、胸元がゆるすぎないかも確認します。
新郎新婦はお辞儀をする機会が多いため、下着が見えたりデザインが崩れないかも実際にお辞儀をして確かめてみましょう。

気に入ったドレスが見つかったら

ドレスショップで気に入ったドレスが見つかったら申込金を支払い契約をします。

この申込金を支払うことで選んだドレスを取り置いてもらうことができます。
申込金の金額は1万円やレンタル料金の10%分などショップにより異なります。

当日支払いができない場合でも、期限までに振り込めば対応してくれるところもあるので、申込の際に確認しましょう。
あわせて、新作のドレスや他に気に入ったドレスにあとから変更する場合のルールやキャンセル料なども確認しておきましょう。

式場の提携ショップでレンタルする場合は婚礼費用と合算ができるため、申込金が不要なことが多いので安心です。

他にも気になるショップや購入も視野に入れている場合は無理に契約する必要はありませんが、その場合、取り置きはできないので、次に来た時には他の人に予約されてしまっていることがあるので注意しましょう。