【披露宴】席の種類と席次の決め方

招待状の返事をもとに最終的な出席人数がわかったら席次を決めていきます。

しかし、すべての人が満足する席次というのはなかなか難しい問題でもあります。
その中で招待客同士の人間関係も考えながら多くの人が楽しんでもらえるように配慮する必要があります。

まずは基本的なマナーをおさえる

披露宴の席次には基本的なルールやマナーがあります。
まずは以下をしっかりと抑えましょう。

  • 高砂(新郎新婦が座るメインのテーブル)に向かって左が新郎側の招待客、右が新婦側の招待客が座ります。
  • 新郎新婦に最も近い席が上座、最も遠い席が下座となり、上座から順に主賓、会社関係、友人、親族、座るのが一般的で、両親は高砂から最も離れた末席に座ります。
  • テーブルの中にも上座下座がある。

しかし、最近ではあまり上座下座にこだわらないカップルも増えています。

家族に感謝の気持ちを伝えたい、家族に近くで見守ってもらいたいからと家族・親族席を会場中央に配置するというケースもあります。
その場合は司会者からそのような配席にした趣旨を説明し、招待客へしっかりと断りをいれましょう。

披露宴のテーブルの代表的な種類とは

最もポピュラーな丸テーブル

会場全体に円形のテーブルが配置され、新郎新婦が見やすい配席で、最もポピュラーなスタイルです。

円卓なので、同じテーブルの人全員と顔を合わせられ、同じテーブルの人が全員と話がしやすいというメリットもあります。
また、人数の増減に対応しやすく、人数調整がしやすいという点も挙げられます。

多くの招待客が座れる長テーブル

新郎新婦に対して垂直に縦長のテーブルを配置するスタイルです。

丸テーブルに比べ、多くの出席者が座ることができるが、招待客同士会話する人が限られてしまうというデメリットもあるため注意が必要です。

席次の決め方

それでは順番に見ていきましょう

まずは会場からテーブルの配置表を手に入れましょう。
そして、最大いくつテーブルを配置できるのか、ひとつのテーブルには最大何人着席できるのか等プランナーに確認しましょう。

まずはグループ分け

まず、大まかに招待客をグループ分けします。
職場関係、友人、父方親族、母方親族などそれぞれリストアップしてみましょう。

グループ分けが終わったら、その中でテーブルに着席できる人数にさらに分けます。

そして、そのテーブルの一番上座から順番に序列に従って割り振っていきます。
職場の上司、同僚は役職が上の方から順番に上座から当てはめていきます。先輩・同僚は入社年次やそれぞれの関係性から席を決めていきます。

友人関係はそれほど上座下座にこだわる必要はありませんが、年上の方を上座にしたり、招待客同士話が弾むような配席を考えましょう。

ポイントは会話が弾むかどうか

ポイントは、テーブル内で会話が弾みそうかどうか。
披露宴では招待客に楽しんでもらうことが第一ですから、杓子定規に役職のみで席を決めるのではなく、招待客それぞれの人間関係も考慮しましょう。

親族の席次は親に相談を

親族席の配席は親族間の関係性にも注意し、日ごろの親族同士の付き合いなどを考えることが必要です。

実は揉め事や確執があった、ということも実際にはありえますので、親族の席を決めるにあたっては必ず両親に確認を取りましょう。

されると嬉しいこんな配慮

一人で来てくれる友人への配慮

中には共通の友人がいないけれどもどうしても結婚式に出席してほしいという人もいるでしょう。

その方も、一人でも来てくださるということはそれだけあなたを特別に思ってくれているということです。
そんな方にはできるだけリラックスして楽しくすごしてもらえるように配慮しましょう。

たとえば、同年代で話の合いそうな同性の友達や趣味が合ったり、話好きの友達と同じテーブルに座ってもらうとよいでしょう。
事前にそれとなく気にかけてもらえるようお願いしておくのもよいでしょう。

妊娠中の女性、小さな子供連れの招待客の配席は?

妊娠中の女性や小さな子供連れ、また体の不自由な方などは上座下座にこだわらず出口に近い場所や間隔の広い場所にするなどの配慮も必要です。

すぐに子供を外に連れ出せたり、席の間隔が狭い会場内で体の不自由な方が動きやすく、また新郎新婦の導線も確保する意味からも大切なことです。

さいごに調整を

席が決まったら全体を見渡して微調整をおこないます。

テーブル内はもちろん、近くのテーブル同士もあわせて再検討してみます。
会話が弾みそうか、席が近いことで居心地の悪さを感じてしまう人がいないか、自分たちが見やすい場所かどうかを一人一人確認し、必要があれば入れ替えを行います。

そして、確定したらプランナーさんに最終確認をしてもらいましょう。
その際に席変更はいつまで可能かも確認しておくようにしましょう。