相手の両親への結婚挨拶、訪問時の手土産と服装のマナーとは

相手の両親への挨拶の日程も無事決まったら、次は手土産を用意し、当日の服装をチェックしましょう。

手土産と服装はどちらも結婚相手としての第一印象を決める大切な要素の一つです。
できるだけ良い印象を持ってもらえるようにしっかりと準備しておきましょう。

挨拶時の手土産について

結婚の挨拶に行く際には手土産を持参するようにしましょう。
最初からあまりにも高価なものだと逆に気を遣わせてしまうので、3000円から5000円くらいのものがベストです。

事前に相手の親の好みを聞いておき、それに沿ったものか、自分の出身地の名産品などを持参すると喜ばれるでしょう。
なるべく日持ちするものを持参するのがお勧めです。

お酒好きのお父さんには日本酒などのお酒、お母さんや家族用にお菓子なんて組み合わせもよいでしょう。

これは訪問の前に事前に用意しておきましょう。
近所で買ったのでは値段も分かってしまいますし、なにより間に合せのような印象を与えてしまいます。
老舗の有名なお菓子屋さんやテレビで話題のスイーツなど、手土産によって話題が広がることもありますので、手土産選びはとても重要です。

挨拶時の服装についての注意点

結婚挨拶に伺う時が相手の両親との初対面の場合は第一印象が特に重要です。
オシャレ感よりも清潔感のある落ち着いた服装を心がけましょう。

男性は落ち着いた色のスーツが基本です。
ワイシャツも派手なものは避け、アクセサリー類を外し、ヒゲはしっかりと剃りましょう。
相手先では靴を脱ぎますから、できれば新し綺麗な靴下を用意しましょう。
靴を磨くことはもちろん、中敷が汚れていることがあるので、見落としのないよう気をつけましょう。

女性は、派手ではない清楚な印象を与えるワンピースや落ち着いた色のスーツがお勧めです。
髪の毛も明るくなりすぎないようにし、派手なアクセサリーは控えましょう。
ストッキングも忘れないようにしましょう。

チェックポイント

男性編

ヘア
スタイル
髪の毛がボサボサになっていないか、
事前に美容室へ行き、清潔感のある髪型にします。
ワックスは控えめにし、
ガチガチのセットは好ましくないでしょう。
極端に明るい色は避けます。
服装落ち着いた色のスーツ。スーツとワイシャツに事前に
アイロンをかけ、ズボンにも折り目をつけておきます。
ワイシャツ・ネクタイも派手なものは避けましょう。
足もと 革靴をしっかり磨き、スーツと色を揃えます。
中敷きの汚れやかかとの磨り減りにも気をつけます。
靴下もできれば新しいものを用意しましょう。

女性編

ヘアスタイル&
メイク
明るすぎる茶髪や金髪は避け、清潔感のある髪型、
ナチュラルメイクを心がけましょう。
濃すぎるメイク、ノーメイクはNGです。
また目にかかる前髪は暗い印象を与えるので、
分けるか切るようにするとよいでしょう。

服装
派手すぎない色のワンピースがスカートがベスト。
スカート丈はひざ下くらいでミニスカートや
タイトスカートは避けます。
また、胸元が大きく開いていないかチェックします。

足もと
素足はNG。
ナチュラルな色のストッキングで、パンプスがおすすめ。
ブーツやミュールは避けましょう。

その他
ネイルも派手過ぎないかチェックしましょう。
そして香水も控えめにしましょう。
玄関で靴を脱いで上がるため、脱ぎにくい靴も避けた方がよいでしょう。