花を使ったアイテムを考える

挙式や披露宴ではブーケ以外にも花を使ったアイテムがたくさんあります。

花をたくさん使用することで、会場が明るく華やかになります。
ここでは、そんな花を使ったアイテムをご紹介します。

会場を花で飾りつける

高砂(メインテーブル)、ゲストテーブル、ケーキテーブル

会場で花を使うと言ったらテーブル装花は欠かせません。

新郎新婦が座る高砂、ゲストが座るゲストテーブルに花を飾ります。
特に高砂の装花は集合写真にも写り、招待客の印象に残りやすいアイテムなので、一番華やかに飾りたい場所です。

主役の二人が引き立つように色合いをドレスと合わせ、高さや幅にも注意しましょう。

また、ウェディングケーキをのせるテーブルにも花を飾ることで、ケーキが際立ちより華やかになります。
入刀に使うナイフのリボンに花を飾るのも定番です。

ウェディングケーキ入刀も皆の注目を集めるイベントなので、そこに花があると写真映えもします。

乾杯用のグラス

新郎新婦の乾杯用のグラスにも花をつけることができます。

乾杯の瞬間を写真におさめた際にとても際立って写真映えして綺麗です。

また、乾杯の発声をお願いしている人のグラスにもこっそりつけて新郎新婦とお揃いにしてあげるととても喜ばれるでしょう。

待合室や受付

当日来場したゲストが最初に来場するのが受付です。
その後、待合室で式が始まるまで待つことになります。

ここに綺麗な花が飾ってあるだけで和やかな雰囲気になり、ゲストにくつろいで過ごしてもらうことができます。

入口の扉や壁面にはリースを

入口の脇の扉や新郎新婦の後ろに花でできたリースを飾るのも可愛らしさがアップしてよいでしょう。

彩り豊かな豪華なリースやナチュラルでかわいらしい落ち着いたリースなど、ふたりらしいリースを作ってゲストをお迎えしましょう。

身に付けるものにも花アイテムを

衣装として花を使う場合、リボンや冠などの髪飾りや二の腕に巻くアームレットが人気です。
お色直しの際に違う色合いのものに変えるだけで簡単にイメージを変えられるためおすすめです。

会場の装花と身に付けるものは花の種類を変えても問題ありませんが、色合いや季節感は統一させたほうがバランスが取れてよいでしょう。

新郎にはブートニアを

ブートニアとは

ブートニアとは新郎が胸にさす一輪の花のことです。

中世の時代、ヨーロッパで男性が女性に花束を渡しながらプロポーズをし、承諾の返事としてその花束の中から一輪の花を抜いて男性の胸ポケットにさしたことに由来しています。
そのため、ブートニアは女性が持つブーケと同じ花で作られています。

是非、ブーケを頼む際に一緒にお願いしましょう。

装花は種類や用途により費用に差が生まれる

会場や衣装を彩る生花ですが、たくさん使うともちろん費用もかさんできます。

旬以外の花を使うと旬の花より高額になったり、保存状態がよくないなどマイナス点もあります。
費用を抑えるには、結婚式を行う時期の旬の花を使ったり、使う花の種類を限定するなど工夫をする必要があります。

また、すべてを生花にするのではなく、一部を造花などに変えたり、キャンドルやバルーンでボリュームを出すとまた違った雰囲気になり費用の節約にもつながります。

花を使う場合はある程度の費用もかかるので、金額と全体のバランスを見て納得いくものをじっくり選びましょう。