相手の両親への結婚挨拶、事前に準備することとは

それぞれ自分の親への結婚報告が済んだらいよいよ相手の親に挨拶に行きます。

たとえ交際中から交流があったとしても、正式な結婚の報告ですから、改めてしっかりと挨拶に行き、自分たちの気持ちを伝えるようにしましょう。
逆に、結婚の挨拶の時が初めての対面の場合は男性は特に相当緊張するでしょう。
しかし、相手の親への挨拶をしないことにはみんなに祝福された結婚はできませんから、事前にしっかり準備をして二人で協力して乗り越えましょう。

これから先、家族としての付き合いになりますから、失礼のないように気を付けましょう。

まずはスケジュール調整

親から訪問の了解が得られたら、スケジュールの調整を行います。
訪問の日時は訪問する親の都合に合わせます。

時間設定は食事の時間と重ならないようにしましょう。
当日の準備もありますから、午後2時から3時くらいに訪問し、夕食前には失礼するのがおすすめです。

初対面の場合、長居するのは失礼ですから、頃合を見て退出するとよいでしょう。
ただし、夕食に誘われた場合は、距離を縮めるチャンスですから合わせるようにするとよいでしょう。

こちらもまずは女性側のお宅へ先に伺うのが一般的ですが、女性の実家が遠方であったり、日程が合わなかった場合は、双方の親の了解が合えば男性宅に先に訪問しても問題ありません。

訪問前に相手の情報を親に伝えましょう

親へ訪問の了承をもらい、日程も決まったら、相手と引き合わせる前に相手の事を自分の親に伝えておきましょう。
名前や年齢、勤務先などの基本情報はもちろん、趣味や性格、好きなものや相手の人柄がわかるエピソードも話しておくとよいでしょう。
出会いや付き合ったきっかけ、交際期間など二人の関係も伝えます。

相手の良いところを印象付けられるようにすれば対面したときの印象も良くなります。
そうすることで、当日もスムーズに話が広がるでしょう。
ここでは、相手と結婚したいという気持ちをしっかりと伝えることが大切です。

事前に親に伝えておきたい相手のプロフィールや交際について

  • 名前
  • 年齢
  • 出身地や出身校などの経歴
  • 職業
  • 家族構成
  • 性格
  • 趣味
  • 好きな食べ物や好きなお酒など
  • 苦手な話題
  • 相手の人柄がわかるエピソード

また、交際期間や結婚しようと思った理由も簡単に話しておきましょう。

  • 交際期間
  • 付き合ったきっかけ
  • どうして結婚しようと思ったのか

二人の将来設計について話し合っておき、当日の話題も考えておく

訪問時に聞かれそうな内容をあらかじめ話し合っておき、意思を統一させておきましょう。

  • 入籍や結婚式はいつごろにする予定なのか
  • 新居はどうするのか
  • 将来の人生プランはどうなっているのか

などが聞かれることが多いので、聞かれた場合はスムーズに応えられるようにしておきましょう。

また、相手の親の職業や趣味、好きなものや好きな食べ物などを聞いておき、話が弾むような話題も事前に用意しておきましょう。
共通の話題があれば場が盛り上がりますので、小さなことでも構わないので何かないか探しておくとよいでしょう。
基本的に何を話しても良いのですが、政治や宗教などの意見の分かれそうな話題は避けたほうが無難です。
話題が途切れたらこの話をする、など事前に二人で決めておくのも有効です。

また、帰るタイミングも自分からは言い出しにくいので、事前にきっかけを決めておくと良いでしょう。

まとめ
  1. 相手の親への挨拶は結婚への大切な第一歩
  2. 事前に結婚相手のことを親へしっかり伝えておきましょう
  3. 結婚の時期や将来の人生プランなどを具体的に考えておきましょう
  4. 当日話すことやおいとまするタイミングもふたりで話しておくとよいでしょう