【披露宴】シーン別BGM選びのポイント

披露宴では場面ごとにいろいろなBGMを使用します。効果的に楽曲を用いることで披露宴が華やかになり、より感動的なものになります。

ここでは、披露宴のシーン別のBGM選びのポイントをご紹介します。

招待客入場

基本は落ち着いた曲が向いています。
招待客がリラックスできるようにクラシックや歌詞の入らないインストゥルメンタルの曲がおすすめです。

ポイント
リラックスするような選曲を

新郎新婦入場

新郎新婦入場は一番の見せ場であり、注目を集める場面です。
華やかなここ一番の曲を選ぶとよいでしょう。

ただし、それに合わせて歩いて入場するので、歩きやすさも考慮する必要があります。

ポイント
注目を集めるような選曲を

乾杯・ウェディングケーキ入刀

ここ一番の盛り上がりを見せる場面ですので、ポップでドラマチックな曲が向いています。
このあとに控える歓談にむけて、明るい曲を選びましょう。

ポイント
ここ一番の盛り上がる曲を

歓談中

歓談中はゲスト同士の会話の邪魔をしないような落ち着いた曲を選ぶのが無難です。
また、二人の思い出の曲やゲストとの思い出の曲を選ぶのもよいでしょう。

ポイント
ゲストの会話の邪魔にならないように気をつけて

お色直しのための中座

新郎新婦別々に退場するので、それぞれ用意します。
エスコートされる方の雰囲気に合わせて選びましょう。

どちらかというと新婦の方が落ち着いた雰囲気、新郎は爽快な曲が選ばれることが多いようです。

ポイント
エスコートされる方の雰囲気に合わせて

新郎新婦再入場

お色直し後の新郎新婦の再入場は後半からエンディングに向けての区切りとなる場面です。
後半に上手く繋がるような聴かせる曲が向いています。

ポイント
披露宴後半につながる大事な曲

キャンドルサービス

キャンドルサービスは招待客のテーブルを一つ一つ挨拶をして回るものです。

ムードのある曲でしっとりさせるか、明るくポップな曲にするかは披露宴の雰囲気に合わせて決めましょう。

花嫁の手紙・両親への花束贈呈

花嫁による手紙の朗読は一番の見せ場であり、感動のポイントです。

手紙を読む花嫁の邪魔をせず、感動的なムードを演出するような曲を選ぶことがポイントです。

ポイント
花束贈呈では静かに始まり、徐々に盛り上がる壮大な曲がぴったり。美しいバラード調の曲がおすすめ

招待客のお見送り

感動的な場面が終わり、招待客の退場のシーンでは余韻に浸りながらも明るいポップな曲がおすすめです。

逆にしんみりした曲だと湿っぽい終わりになってしまうので、晴れやかな明るい気持ちで招待客をお見送りしましょう。

まとめ

BGM選びのまとめ
  1. 曲選びは意外と時間がかかるので、早めに選曲を始めましょう
  2. 演出に合った曲をメリハリをつけて選曲
  3. 曲の方向性に偏りがないか、プランナーさんにも相談しましょう
  4. 生演奏も印象に残って効果的
  5. 失恋ソングが多く含まれていないか、自己満足な選曲になっていないか注意