引き出物の選び方

引き出物とは、披露宴に出席してくださった招待客に対して、感謝の気持ちを込めて贈る記念の品を言い、引き菓子や縁起物とともに渡します。

招待客の性別や年代、家族構成などによって贈る品を分ける人が増えています。

男性友人、女性友人、職場の同僚などカテゴリーに分けてそれぞれにふさわしいものを選ぶのもよいでしょう。

おすすめは男性用、女性用、ランクアップなどと数種類パターンを用意するというものです。
男性用はビールグラスやビジネスグッズ、カタログギフトなど、女性はアロマグッズやコスメグッズ、可愛いキッチングッズ、ランクアップはスピーチをしてくれた友人や主賓、親族用に高級な食器や少し高価なアイテムを追加するというように性別や年代を考慮して選びましょう。

引き出物を選ぶときの基本

引き出物は記念品なので、形に残るものがよいでしょう。
二人の趣味を押し付けるのではなく、招待客の立場に立って喜んでもらえるようなものを選ぶことが大切です。

また、あまり大きくて重たいものは持ち帰りの負担になるので、避けたほうがよいでしょう。

日常的に使え、自分がもらって嬉しいものを基本に考える

せっかくの記念の品ですから、できればゲストに喜んで長く使ってもらえるものがいいですよね。

ふたりの写真入りの食器やグッズ、普段使う用途がなく、あまりに使い勝手の悪いものはゲストにも評判がよくないので気をつけましょう。

カタログギフトはどうか

カタログギフトも引き出物の定番です。

食品からアクセサリーなどの小物、ファッションアイテムや家電製品まで幅広いラインナップから招待客が欲しいものを自由に選べるうえ、帰りの手荷物が小さくなるとの理由でよく利用されています。
3000円代から数万円とラインナップも多く値段によって選べるものが異なるので、必ず中身を確認するようにしましょう。

しかし、中には選んで自分で手続きをするのが手間が掛かりめんどくさいと思う人もいます。
また、送料やシステム料がかかり、実際の品物代金より高い経費がかかるということも覚えておきましょう。

ギフトの値段も調べればすぐにわかってしまったり、機械的でそっけない印象を与えるなどのデメリットもあります。

世帯1つにつき引き出物1セットが基本

引き出物は基本的には1家族(招待状1枚)につき1セット渡します。

ただし、夫婦で招待したり、親族の家族が多い場合などは品数を追加したり、品物のランクを上げるなど品物で調整をしましょう。

さいごに

大切なのは、引き出物はゲストのことを考えて選ぶということです。

ゲストのことを考えてしっかり選ぶことで、ゲストは自分たちのために選んでくれたということを喜んでくれるでしょう。