婚礼料理の選び方

招待客にとって、披露宴の楽しみといえば料理です。

それだけに、料理の内容でその披露宴の良し悪しが判断されてしまうほどで、式の内容は覚えていなくても、料理の感想はしっかりと記憶に残ってしまうと言われています。
式の印象を左右する料理、しっかりとこだわって考える必要があります。

自分たちが食べたいものよりも、招待客の喜んでくれそうなものを選び、年齢層も考慮し、食べやすさを重視しましょう。

料理の試食は必要

料理を決めるにあたって、通常、式場では披露宴で出されるものと同じものを試食することができます。

通常料金より割安で試食できるところや、なかには無料で試食できる会場もあるので、式場から案内が届いたら日程の都合をつけて是非参加しましょう。

事前に資料などを見て試食するメニューを決めますが、料理の候補が多く、ふたりでは食べきれないようであれば、親も連れていくのもよいでしょう。
一緒に試食してもらい、特に高齢のゲストが食べやすいかどうかも意見をもらうようにしましょう。

フランス料理

披露宴の定番といえばこれ。

フランス料理のフルコースが人気で、前菜からメイン料理まで高級食材を思う存分味わえ、特に若い年代の人に喜ばれます。

フランス料理のなかでも品数や使用食材によりランクが用意されていることが多いので、予算や出席者の顔ぶれを踏まえて選びましょう。

日本料理(懐石料理)

旬の素材を使った懐石料理は特に和装での料理の定番。

結婚式ではフランス料理が選ばれることが多い中、格式高い雰囲気に日本料理はぴったり。
フランス料理を食べ慣れない年齢層が高い世代には特に喜ばれるでしょう。

中華

フランス料理と日本料理が多い中で、中華という選択肢もあります。

ボリュームがあり、食べごたえがあり、カジュアルな結婚披露パーティや親族中心の会食にもぴったりでしょう。

料理選びで考慮すること

招待客に食べ物アレルギーがあればその食材を抜いたり、別の料理に変更するなどの配慮が必要になります。

小さな子供にはお子様ランチを用意するのか、パンケーキなどの柔らかいものにするのかもしっかり確認します。

また、お年寄りのゲストはかたいお肉などは食べづらいので、事前にカットしてもらって出してもらったり、フランス料理でもお箸を用意してもらうなどの対応をしてくれる式場も多いので、一度相談してみましょう。

これらは直接ゲストへ聞いても失礼ではないので、事前に電話やメールで確認を取るか、招待状に記入してもらう欄を設けるなどして確認しましょう。

オリジナル料理を作ってくれるところも

料理に特にこだわりたいときは、オリジナルの料理を用意してくれる式場を選ぶ方法もあります。
地元の食材を使ったり、ふたりの故郷の食材を使うなどシェフと相談し、対応をしくれる場合もあります。

また、設定されたコースだけでなく、メニューや食材の差し替えをしてくれる場合もあるので、料理を決める際は遠慮なくプランナーさんに相談してみましょう。

デザートビュッフェ

最近では、食後のデザートにデザートビュッフェを選ぶカップルが増えています。

ミニケーキやフルーツなどを用意し、ゲストが好きなものを選ぶことができるうえ、披露宴開始から座りっぱなしのゲストが自由に移動することで、離れた席のゲスト同士や、ゲストと一緒に写真を撮るなど歓談ができるため、ゲストにも大変人気があります。
庭が使用できるガーデンウェディングであれば、ガーデンにデザートコーナーを設けることで、開放的な雰囲気を演出することができます。

特に若い世代や女性のテンションを一気に上げることができます。