結婚報告の順番とマナーについて気をつけることとは

めでたく結婚することが決まったら親やお世話になっている人に結婚報告を行います。

この時、結婚報告をするタイミングや順番はとても重要です。
これを間違えてしまうとあとあと礼儀がなっていないと思われてしまうこともあるので、結婚準備の大切な第一歩としてしっかり確認しておきましょう。

まずは自分の親へ報告

結婚を決意したらまずはそれぞれ自分の親に報告をします。
順番としては、まず女性が自分の親へ行うのが一般的です。
報告が済み、ひとまず了承がもらえたら、次に男性が自分の親へ報告します。
この期間はあまりずれない方がよいでしょう。

挙式を行うのか、どういったスタイルにするのか、新居はどこにするのかなどはまだ決まっていなくても構いません。
これらはお互いの親へ挨拶に行くまでにある程度考えておきましょう。

ここでは、結婚をするという決意を伝え、誠意を持って、相手の名前、年齢、職業などを伝え、「紹介したいので会ってほしい」と切り出しましょう。
できれば親元へ出向き報告するのが望ましいのですが、遠方に住んでおりなかなか直接報告できないときは、電話でお父さんとお母さんそれぞれに自分の口から幸せを報告しましょう。

お互いの親へ挨拶に行く

それぞれ自分の両親へ結婚の報告が終わったら、次はお互いの親に挨拶に伺います。
こちらもまずは女性の親に先に挨拶に伺うのが一般的です。
親に結婚の承諾をもらえるよう決意を伝え、二人で心を込めて挨拶と結婚のお願いをしましょう。

この時までに、挙式をどういったスタイルで行うのか、新居や婚約の時期などについてはある程度決めておきましょう。

無事承諾が得られたら、次は男性の親へ挨拶に伺います。
ここでは、女性が家族になるための挨拶をするという意味合いが強くなります。
事前に男性は両親から結婚の許しをもらっておくと良いでしょう。

職場の上司や友人に報告する時の注意点とは?

職場の上司や同僚、友人への報告のタイミングですが、これは結婚式の日程についてある程度予定がついてから報告をするのがよいでしょう。

報告したい人をリストアップし、漏れがないように気をつけましょう。
噂は一気に広まりますから、タイミングがずれないように注意し、自分だけ聞いていないということにならないようにしましょう。
できればメールの一斉送信ではなく、それぞれ個別に報告をするとよいでしょう。

特に親しく、絶対に結婚式に来て欲しい友人にはすぐに報告したいでしょう。
その時は、「詳細が決まったらまた改めて報告します」とまず結婚が決まったことを報告するのがスマートです。
友達には早く言いたいという気持ちもわかりますが、タイミングを見計らってスマートに報告するようにしたいですね。

結婚式に招待する人としない人では報告方法も違う

また、報告の際には結婚式に招待する人としない人では報告の仕方が変わります。

結婚式に招待したい人へは日時や場所を伝え、招待しない人へは親族中心で行いますとさりげなく伝えましょう。
結婚報告を受けた場合、相手に招待してもらえると思われて、後々面倒が起こることもあるからです。

結婚式に招待する人結婚式の日時や場所を同時に伝えます。
結婚式に招待しない人「親族中心で式を行うので」とさりげなく伝えます。

報告を避けたほうがよい状況とは?

結婚の報告にもタイミングがあります。
事前に相手の状況がわかっているならそのあたりも考慮する必要があります。

たとえば…

  • 相手の結婚式などでお祝いムードのとき
  • 相手の身内に不幸があったとき
  • 相手に困難が訪れ、苦しんでいる状況のとき

などには結婚報告をすることは差し控えたほうがよいでしょう。

相手の都合を考えずに一方的に浮かれて報告をしたのでは心から喜んでもらえないばかりか、無神経な人だと思われてしまうこともあります。
嬉しい気持ちはぐっとこらえて、節度をもってしっかりと報告をしましょう。