招待状を発送する

挙式・披露宴に招待するお客様へは招待状を発送します。
この招待状をもって正式な招待となるので招待状はとても大切なものです。

この招待状は遅くとも挙式の2か月前には発送するようにしましょう。

この招待状ですが、「ただ印刷をして切手を貼ってポストに出すだけの形式的なものでしょ?」と考えていませんか?

しかし、この招待状はゲストにとって結婚式に出席するにあたり、最初に目にする形あるものとなるためとても大切なものです。
実際、この招待状を楽しみにしているゲストも多いものです。ふたりの個性が表れる招待状を用意しましょう。

招待状は式場に頼むのが一番簡単で手間がかかりません。
サンプルを見てデザインを決め、招待客のリストを式場に渡せばすべて作成し、発送まで行ってくれます。

しかし、その場合料金がやや高額になるので、時間に余裕があり、こだわった招待状を低予算で作りたいのなら自分たちで作ることをおすすめします。

招待状や席札がセットになったパックが販売されているので、テンプレートを埋めて自分で印刷することにより簡単に作成が可能です。

宛名は楷書で間違いのないように

招待状に書く宛名は正式な楷書で書きます。
毛筆で書くのが正しい形式です。

そして、普段は意識していなくても、「高」や「髙」、「真」や「眞」など招待状には正しい漢字で表記する必要があるため、事前に招待客へ確認をとりましょう。
名前の間違いはとても失礼にあたるので間違いがないようにしっかりと確認をします。

文章は会社の上司や親戚など、目上の人も見るということを意識して書くようにします。

差出人は以前は親名義、今は新郎新婦名義も増えている

差出人をどうするかも重要なポイントです。

以前であれば両家を代表して親の名義で招待状を送ることが主流だったのですが、現在はもう少しカジュアルなパーティにしたいということで、新郎新婦名義で出すカップルも増えています。
また、新郎新婦プラス両家の親名義というのも友人に対してはカジュアル、目上の人にとってはフォーマルな印象をあたえてよいでしょう。

そして、差出人によって文面も異なりますので注意が必要です。

文面のサンプルは式場でも用意されていますから、それを参考にし、誤字脱字やおかしな表現がないかプランナーさんに添削してもらうとよいでしょう。

封をする前にしっかり確認を

招待状の封筒には招待状のほかに、返信はがきや会場の案内図、スピーチや余興のお願いなど同封するものが多数あります。封をする前に入れ忘れや入れ間違いがないか何度も確認をしましょう。