披露宴のBGMを決定する

披露宴ではさまざまなBGMが流れます。

BGMは場面場面に応じて会場を盛り上げてくれる欠かすことのできないアイテムとなっています。
披露宴のプログラムに合わせて演出に合ったBGMを考えることになります。

選曲は式場にお任せすることもできますが、自分たちで思い出の曲などを選ぶことで、新郎新婦の行動を印象付け、招待客にとってもとても印象深いものになります。
選曲によって招待客の思い出にも刻まれる式になりますので、曲のセレクトはとても大切です。

選曲には意外と時間がかかる

通常は演出が決まってからそれに合った曲の選定が始まりますが、いざ選びはじめてみると意外と時間がかかるものです。
こだわり始めるとキリがないのがこの選曲という作業です。

おおまかな披露宴の流れは決まっていますから、音響にこだわりたい場合は是非いろいろな曲に触れ、早いうちから準備を始めてください。

ポイントはこのシーンでは絶対にこの曲を使いたいと初めに決めてしまい、あとで残りをどんな曲にするか考えるとやりやすいでしょう。

0004


すべて自分たちで決めるのが難しければ式場の音響担当者に相談すればオススメの曲を教えてくれます。
また、ウェデイング用の曲を集めたCDも発売されているので、それを参考にするとよいでしょう。

披露宴全体で、10数曲ほど考えておきましょう。

思い出の曲やこだわりの曲など基本的にどんな曲を使ってもよいのですが、大切なのはその演出に合っているかどうかです。
入場やケーキ入刀では盛り上がる曲を、花嫁の手紙や花束贈呈などでは落ち着いた歌詞が邪魔をしないような静かな曲が向いています。

不安であれば早めにプランナーや音響担当者に相談しましょう。

生演奏も人気

CDを流すだけではつまらないと考えるカップルにはジャズやクラシックなどの生演奏がおすすめです。

多少予算が必要ですが、生の迫力はインパクト大です。招待客にとっても忘れられない結婚式となるでしょう。

オプションで生演奏の用意ができる式場も多くありますので、プランナーさんに相談してみてください。

歌詞の内容にも気を付けましょう

意外と見落としがちなのが歌詞の内容です。

メロディがよく、切ない曲は披露宴に向いていますが、それが失恋ソングだったなんてこともあります。

本人たちが気にしないのであればよいのですが、特に邦楽の場合はストレートに歌詞が入ってきますので、避けたほうが無難でしょう。

こだわりすぎも要注意

選曲にこだわりすぎてあまりにも狙いすぎなマニアックな曲ばかりになっていないか、曲の方向が偏りすぎていないかは注意しましょう。

あまりにも知らない曲ばかり流れる披露宴ではゲストにとっても曲に浸ることができません。
一通り選曲が済んだら二人で冷静になって選曲リストを見直し、プランナーさんやまわりの友達にも一度相談してみましょう。
自己満足な選曲にならないよう気をつけましょう。

奇抜な曲や真新しさを求めるよりもみんなが知っている曲や子供受けのよい曲を多く使う方が披露宴に一体感が生まれるでしょう。