【結婚式】予算オーバーになる原因とは?

多くのカップルが最終金額が見積り金額より100万円ほどのアップを経験しているようです。

初回見積もりから大きく金額が上がってしまう原因とはなんなのでしょうか。

衣装や料理のグレードアップが一番の原因

見積りでもらう内容というのは最低限式が挙げられるランクのものであることがほとんどです。

実際に衣装を選んだり、料理のコースを決める段階になると、どうしても上のランクのものに惹かれます。
料理で言えば、招待客の立場に立って考えると少しでも見栄えのよいものにしたいと思うものです。

そんな時は、こだわる部分に優先度をつけましょう。料理で一人あたり1000円のアップでも招待客の人数で考えると一気に数万円、さらにグレードアップさせると一気に10万円以上プラスとなることもあります。

ここがどうしても譲れないというポイントであればとことんこだわり、余計な費用をかけないで済む場所はなるべく費用を抑えるなど、メリハリをつけることが大切です。

グレードアップする可能性のあるもの

グレードアップにより費用が上昇する可能性が大きい代表的なものは以下のものです。

  • 料理、ドリンク、ケーキ
  • 衣装
  • テーブル装花
  • 写真、ビデオの枚数や内容
  • 引き出物

招待客が増えることも費用増加の大きな原因

招待客が増えればもちろんその分料理代、飲み物代、引き出物代、さらにテーブルが増えればテーブル装花代と金額アップに直結します。

そうならないために、はじめから最大人数で見積りをもらうようにしましょう

見積書に出てこない項目に注意が必要

見積書をもらうと、これですべて式が挙げられると思うかもしれませんが、そうではありません。

見積書とはあくまでも式場が提供するサービスに対して支払う額です。見積書には出てこない出費というのも多くあります。

持ち込み料

式場によっては持ち込むアイテムに対して持ち込み料がかかります。
持ち込みたいものがあればあらかじめ式場に確認しておきましょう。

ウェルカムボードなど手作り品の材料費

結婚式の受付や待合室に飾ってあるボードをよく目にすると思います。これらウェルカムボードなどのアイテムも市販の物を買うにしても自分で作るにしても料金がかかります。

遠方からの招待客の交通費や宿泊料

遠方からゲストを招待すると、お車代として交通費の半額から全額、および宿泊費を負担するのが一般的です。
そのため、招待客を決めるときはそのあたりも考慮する必要があります。

写真の焼き増し代

両親や親族、友人に結婚式当日の写真をプレゼントしたいという場合、焼き増し代が別途かかる場合もあります。
集合写真を親族にもプレゼントすると喜ばれるでしょう。

結婚指輪

挙式で使うものですが、もちろん式の見積りには入りません。

当日の受付やスピーチをしてくれた友人への謝礼

受付や挨拶をしてくれた方へは当日にお礼を支払う必要があります。

メイクリハーサル代

0002

結婚式当日にイメージどおりのヘアメイクができるように、新婦は事前にヘアメイクのリハーサルを行います。
その時の費用について、プランに入っているか確認しておきましょう。

さらに、本番と同じ衣装を着てヘアメイクをする場合、レンタル費用がかかる場合が多いようです。
相場は2~3万円。

親や親族の衣装、ヘアメイク、着付け代

両親や親族が式場で衣装を借りたり、当日のヘアメイクや着付けをお願いすると別途料金がかかります。

これらひとつひとつは式全体の費用から見れば大きくないかもしれませんが、小さなものでもまとまれば大きな金額になりますので、注意が必要です。

さいごに

これらが予算オーバーを招きやすい項目です。
式場見学の段階で、希望をしっかりと伝え、それらを最大限入れ込んだ形で見積書をもらうようにしましょう。

結婚式にかかる費用は式場を選んだ段階でおおよそ決まります。
招待状や席次表を手作りしたり、無駄を見直すことで、費用削減できる方法はいくらでもありますが、式場を決めてから内容を考えていたのではもう費用はある程度しか削減することはできません。なので、事前の下調べが重要なのです。

せっかく式を挙げるのだからとちょっとくらい高くてもグレードアップやアイテムの追加をしてしまうことは仕方のないことです。

あまりに高額すぎて金銭感覚がマヒしてしまうことも原因なのですが、見積りをもらう際にはこの費用プラス100万円ほどかかると思っておいたほうが安心です。