見積りのもらい方とチェックポイントとは

式場見学に訪れたらその場で見積りをもらいましょう。

希望するおおよその日にちと招待したい人数を伝えればすぐに見積りができあがります。

多くのカップルはその金額が意外と高くないことにびっくりするようです。
思っていた以上に安かったのでその場で契約をしてしまったという話もよく聞きます。

しかし、ここには一つ落とし穴があります。
それは、見積りは最低限の条件でしか計算されていないということです。

式場としても最初からあまりに高い金額は提示しにくいもの。
なんとか最低限式を挙げることができる金額で安く見せたいと思うのも仕方ありません。

最初の見積りから最終的には100万円から150万円アップしたという話はよく聞きます。
契約をして、実際に打ち合わせが始まると料理や衣装、テーブル装花や演出の追加まで、ランクが上のものがどれもとても良く見えてきます。せっかくこれだけ払って式を挙げるのだから見栄えのよいランクまで上げようと思うとこのくらい、金額もそれにつれてアップすることになります。

見積りをもらう際には初めからそのことは是非頭に入れておきましょう。

そうならないためには

実際の価格上昇原因の一つは人数の増加です。

したがって、見積りをもらうときには人数は最大数で計算してもらいましょう。
また、可能であれば料理やドリンクの写真を見せてもらい、見積りに入っているランクがどのくらいのものか確認しましょう。
もし、もう少しランクを上げたいのであればその場で見積りを修正してもらいましょう。

二人でやりたいことの希望をしっかり伝えて

最低限の見積りでは演出や派手な装飾などは計算に含まれていないことが多いでしょう。

やってみたいこと、理想の装飾などがあれば見積りをもらう前にどんどん伝えましょう。それをすべて計算に入れて見積りをもらってください。

見積りに入っていない費用も必ず確認しておく

見積りをもらうといってもすべての項目が中に入っているわけではありません。

たとえば、婚礼料理を決定する際の試食代金、衣装小物、ビデオ・写真撮影、アルバム作成費、結婚指輪代、遠方からの招待客の交通費や宿泊代、両親の衣装のレンタル代、主賓や受付係をやってくれた方への心づけなどなど、実際に式を挙げるにはたくさんのアイテムが必要になります。

見積り以外にどんなものが必要になるか、この見積りではどのような式が挙げられるのか、式場の担当者に聞いてみてください。
ここをしっかりと答えてくれる式場はまずは信用できるのではないでしょうか。

見積りをもらう回数は?

もちろん、初回でもらった見積りで決定ではありません。
多くの場合、3~4回見積りをもらうことになります。

式場見学時

予算と照らし合わせて、あまりにも金額の差が大きい場合はよく考えてみる必要があります。初回見積りから増加することが多いことを忘れてはいけません。

会場を決め、契約を済ませた後

実際に料理から衣装、演出にいたるまですべての項目についてプランナーや各担当者と話をしながら決めていきます。
ここではやりたいことはすべて伝えて一度最大の金額を出してもらいましょう。その後、必要に応じて妥協するところは妥協して目標金額に近づけるように調整しましょう。

この過程で何度か見積りをもらうことになります。

最終打ち合わせ

ここで金額がほぼ確定することになります。

以後は人数変更などの微調整ができるだけで、他は変更不可となることが多いので、最終打ち合わせまでにふたりでしっかりと考えましょう。

さいごに

以上が見積りのもらい方とチェックポイントです。

結婚式を挙げるまでには何度となく見積りと格闘することになります。見積りとはどういうものなのか、もらうときに気をつけるポイントはなにかを是非覚えておいてください。