映像を使った演出で披露宴を盛り上げよう

披露宴での人気の演出の一つに映像を使ったものがあります。

新郎新婦の入場前のオープニングムービーや新郎新婦の中座中のプロフィールムービー、エンディングムービーなど披露宴のはじめからおひらきまでさまざまな場面で映像を使った演出が使われます。
映像を使った演出は見ていて楽しく、会場も盛り上がるため是非とも取り入れたい演出といえます。

オープニングムービー

披露宴で新郎新婦の入場前に会場に流す映像です。

これからはじまる披露宴への期待感を高める効果があります。
映像から流れるように新郎新婦が入場すると会場は盛り上がるでしょう。

一番の定番、プロフィールムービー

披露宴で、いまや定番となっているのがこのプロフィールムービーです。

新郎新婦の生い立ちから成長する過程、出会い、結婚にいたるまでのいきさつを写真や映像でまとめた映像です。

幼い頃の写真や思い出の写真などが流れると会場が盛り上がり、招待客にも二人のことをもっとよく知ってもらうことができます。
歓談中や新郎新婦の中座中に流すと、招待客も退屈しません。

エンディングムービー

新郎新婦と両親が揃って退場した後のエンディングに流す映像です。

披露宴の最後を締めくくるエンディングムービーは映画のエンドロール風に招待客の全員の名前を感謝のメッセージとともに流すものが人気です。
招待客との思い出の写真や、事前に撮影したウェディングドレス姿の写真などを使うとよいでしょう。

「撮って出し」と言われる手法が人気

最近では特に「撮って出しエンドロール」と言われるものが主流になっています。

これは、挙式や披露宴前半の様子を撮影し、式場側や映像業者がその場で編集し、ダイジェスト映像として披露宴の招待客の名前とともにエンディングで上映します。

たった今行われたばかりの式の様子が流れ、自分たちの姿も映像として映るので、招待客も今日一日を振り返ることができ、思い出を胸に刻み込むことができ、最高のエンディングを迎えることができます。

こればかりは自分たちで用意することができないので、式場や業者に頼む必要がありますが、是非とも取り入れたいアイテムです。

映像を流す場合は、事前に会場側に設備などの確認を

自分たちで作成して上映する場合、持ち込み料がかかったり、音響などに制限がある場合が多くあります。
映像の持ち込みを考えているのなら、事前にプランナーと相談し、確認しておきましょう。

どの席からでもよく見えるように配慮する

式場の一般的な席数で式を挙げるのならよいのですが、招待客が多い場合には場所によっては見えづらい場所が発生する可能性があります。
スクリーンの場所を考慮して席の配置を決めたり、スクリーンを追加することができるかなども確認しておきましょう。

映像を業者に依頼するか自分たちで作るか

式場や専門業者に依頼をするメリットは写真を提供し、コメントを考えるだけで見栄えのよい映像が出来上がります。
時間がないというカップルや自分で作る自信がないカップルにはおすすめです。

しかし、式場や業者に依頼すると数万~30万円と安くはない金額がかかってきます。

そのため、現在では自分たちで作成する人も増えています。
今やウェディングムービー用の編集ソフトも1万円前後で多数販売されていて、テンプレートを選び、写真を選んでコメントを入力するだけで作成できるものが多くあるので、こだわりがあったり、編集作業が得意なら試してみる価値があるでしょう。

もちろん、WindowsやMacの無料の編集ソフトでも作ることはできますが、有料の専門ソフトは披露宴用のテンプレートやエフェクトなどが用意されているためおすすめです。

しかし、直前になってもうまくできなかったり、ディスクに焼くのが上手くいかず焦ってしまうカップルも多いようです。
直前の忙しい時期に映像の作成に時間をかけてイライラとしては精神衛生上よくないため、はじめから業者へ依頼し、その作業を忘れてしまうというのもゆとりが生まれるため自信がない場合は業者へ依頼したほうがよいでしょう。

準備は早めに

結婚式の直前は本当に時間が足りません。
自分たちで映像を作るのなら早めに準備をはじめることをおすすめします。

写真を集め、いい写真を選ぶとなると手間がかかるので、時間のある半年前くらいから準備を始めるとよいでしょう。

このように早めに準備できるものから片付けていくというのは、余裕ある結婚式準備には必要なことです。