受付をお願いするときの注意点とは?

結婚式では友人や知人にもいろいろな協力をお願いしなければならない場面があります。

受付もその一つです。
ここでは、受付の役割とどんな人にお願いするのが良いのか、また、その際の注意点についてご説明します。

受付の役割とは?

結婚式の受付係とは新郎新婦に代わって招待客を出迎えるという大切な役割があります。
来場した招待客に芳名帳に名前を記帳してもらい、ご祝儀を預かります。そして、席次表などを手渡し挙式の時間の案内やこのあとの流れを説明します。

受付係は、招待客が式場に到着して最初に出会う両家の関係者となるので、その式の第一印象を決めるまさに両家の顔という印象を与えます。

受付に向いているのはどんな人?

人当たりがよいこと

結婚式の第一印象を与える受付だからこそ、結婚式を期待して来場してくださる招待客に対して無愛想で失礼な態度を取ってしまっては初めから不愉快な思いをさせてしまうことになります。

そのため、礼儀正しく、明るくハキハキとした友人にお願いするのがベストです。

責任感があること

受付ではご祝儀を預かり、席次表を渡してこのあとの流れを説明します。

そのほか、招待客からの要望を聞いたりすることもあるので、責任感があり、気が利くことが求められます。

時間を守れること

受付係は他の招待客より早く集合する必要があります。
受付係が遅刻してしまってはそのあとの流れにも影響を与えます。

時間にルーズでなく、きっちりとしている人にお願いしましょう。

人数は?

「芳名帳に記帳をしてもらいご祝儀を預かる係」と「ゲストをご案内する係」というように役割分担をしたり一人が特定のゲストにかかりっきりになってしまった時のために、新郎側は男性の友人、新婦側は女性の友人を2名づつの計4名を立てるのが一般的です。

招待客の人数や受付スペースの状況によっては人数を調整しましょう。

いつ、どうやってお願いする?

直前になって急にお願いするのでは失礼にあたりますので、最低でも2週間から1ヶ月前にはお願いをしましょう。
できれば直接会ってお願いできればベストですが、失礼にならないように気をつければ電話やメールでお願いしても問題ないでしょう。

その際に、当日の集合時間や受付の流れ、招待客にお願いして欲しいことなどを伝えておきましょう。

謝礼は?

いくら親しい友人であっても役割をお願いしている以上お礼の気持ちは手渡しましょう。

目安としては3000円~5000円くらいの品物がよいでしょう。
ふたりで選んだ記念品やお菓子や紅茶、商品券などが人気です。引き出物も持ち帰るため、あまりかさばらないものがよいでしょう。

その他

誰にお願いするかは新郎新婦それぞれとの人間関係を見極めて近い年齢層から選びましょう。
先輩や上司など目上の人や小さなお子様を連れている人は避けたほうがよいでしょう。