ウェディングプランナーとどう付き合うか

ウェディングプランナーとは、ふたりの結婚式のプロデュースを行い、式までの準備全般にわたり調整を行ってくれる、ふたりと式場をつなぐ大切な役目を持った人です。

結婚式当日もふたりのアテンドをしてくれ、式場スタッフのなかでも一番接する機会が多くなる人です。
自分たちのあげたい結婚式を実現するにはこのプランナーさんの協力が欠かせません。

ここでは、そんなプランナーさんとどのように打ち合わせをおこない、どのように付き合っていけばよいのでしょうか。

どんなことを打ち合わせるの?

挙式、披露宴全体にわたり、式の進行や料理、アイテムの決定、演出などほぼすべてをプランナーと決定していきます。
また、結婚式にかかる費用や招待客についてもこのプランナーさんと調整をすることになります。

さらに、衣装や装花などは、プランナーに加え、専門のスタッフと協力しながら決定していきます。
専門のスタッフに直接言いにくいことなどはプランナーさんに相談してもオーケーです。

式の善し悪しはこのプランナー次第といっても過言ではありません

しかし、プランナーといっても、式場側からすれば営業マンとしての面もあるため、いろいろとオプションをおすすめしてくれますが、あれもこれもとすべて付けていたのでは金額が大きく跳ね上がってしまいます。
そのためには、すべて言いなりになるのではなく、自分たちの希望をしっかりと伝え、時には断ることも必要です。

ぜひ、打ち合わせのたびに「こんな式が挙げたい」、「こんなことをやってみたい」などの希望があれば遠慮なく伝えましょう。

遠慮する必要はまったくありませんが、わがままばかり言うのは考えものです。

一回一回の打ち合わせを大切に

プランナーとの打ち合わせの回数は?

プランナーとの打ち合わせは5回前後が一般的です。
打ち合わせの回数は多いようで意外と少なく、特に直前期にはあっという間に終わってしまいます。

さらに、1回ごとの時間も決まっていますから、1回1回を大切にし、メモを取りながら疑問点はその場で解消するようにしましょう。
また、次回の打ち合わせまでに席次を決めて来て欲しい、料理の内容を決めて来て欲しいなど、宿題が出されることがあります。
打ち合わせを有効に使うためにも必ず宿題は済ませてから打ち合わせに臨みましょう

打ち合わせ以外でも疑問に思ったことや不安にな点はメールや電話で積極的にコミュニケーションを取りましょう。
あとで思っていたのと違うといったことが起きないように、密に連絡をとることが大切です。

もしもこのプランナーとは合わないなと思ったら…

打ち合わせを重ねていく中で、どうしもこのプランナーとは合わないと思うこともあります。
それは、式の方向性のことだったり、人柄だったりと様々ですが、まずは相手の言うことをじっくりと聞いてみましょう。
そしてとことん話をしましょう。
それでも合わないとなれば早めに式場側にプランナーの変更を申し出ることも考えましょう。

さいごに

プランナーさんとは式場での結婚準備のはじめから最後までと長い付き合いになります。

プランナーさんとよい関係が築ければ心からよかったと思えるような式になるでしょう。