結婚式に出席してもらう招待客の決め方

結婚式の日取りと場所が決まったら次は招待客を決定しましょう。
どこまで招待するのか、あの人を呼んだならこの人も呼ばないと…などなどこれはなかなか悩ましいところでもあります。

招待客選びの参考にしてみてください。

まずは招待したい人をリストアップ

まずは結婚式に来て欲しい人をすべてリストアップします。

その時、親族、職場関係、友人などと分類し、書き出してみましょう。親族であれば父方、母方ごと、友人であればたとえば中学校、高校、大学時代とグループごとに分けます。
さらにその中でも絶対に来てもらいたい人、できれば来てもらいたい人、などと優先順位をつけておきます。そうすることで、後々人数の調整がしやすくなります。

親族関係でどこまで招待すればよいかは、必ず早い段階で親に相談しましょう

家族同士の付き合いの程度や決まりごとなど親にしかわからない部分もあります。招待したい人をリストアップして親にチェックしてもらうのもよいでしょう。ここは積極的に支援をお願いしましょう。

リストアップした中から絞り込む


リストアップが終わったら招待客の絞込みを行います。会場の収容人数や両家のバランス、一つのテーブルに座ることのできる人数など席次のバランスを考慮して調整しましょう。

この時、全体的に予定の人数より少し多めに設定しておくとよいでしょう。直前に欠席など人数が大幅に変わると席の調整が困難になることがあります。

どうしても式場の収容人数をオーバーしてしまう場合は?

招待したい友達が多すぎて式場の収容人数に収まらない場合はどうしたらよいでしょうか?

式場を本契約する前であればもっと大きな会場に変更することもできますが、そうでない場合は残念ながら披露宴への招待は諦めるしかありません。

その代わりに、二次会や結婚パーティを別で開催するという方法があります。
二次会や結婚パーティでもケーキ入刀などの披露宴や挙式の要素を取り入れることができます。挙式の様子を写真や映像を上映することで式の雰囲気を楽しんでもらうことができるでしょう。

招待したい人へは早めに予定の確認を


招待したい人が決まったら、早めに出席して欲しい旨を伝え、現時点での予定を聞いておきます

結婚報告の際に結婚式のおおまかな日取りと出席して欲しい旨を伝えます。現時点での予定を聞くことで、おおまかな招待客の数を把握することができます。

遠方からの招待客には特別な配慮が必要

遠方から親族や友人を招待する場合、交通費や宿泊費を新郎新婦側で負担するのがよいとされています。宿泊場所の手配は新郎新婦で行うとより親切ですが、招待客の方で手配してた場合は相当額を御車代として手渡しましょう。

負担額は媒酌人や主賓であれば交通費と宿泊代、遠方からの友人には交通費の全額もしくは片道分を負担するのが一般的です。

職場の同僚・上司をどこまで招待するか迷ったら

職場の人が結婚するとなれば自分は招待されるのだろうと考える同僚は多いと思います。友人以上に普段一緒にいる時間が多く、今後も毎日付き合いが続く職場の同僚もまた難しい問題です。

もし近くに最近結婚式を挙げた先輩などが近くにいれば相談してみましょう。直属の上司に結婚報告をした際に相談してみてもよいでしょう。

それでもどうしようもなくなったら会社関係の人は呼ばないという選択肢もあります。会社の人には「親族と親しい友人のみで式は行います。」といえば角が立つこともないでしょう。

ひとりぼっちになってしまうゲストはどうするか?

どうしても招待したいゲストがいるが、他の招待客の中に知り合いがおらず、ひとりぼっちで招待しなければならないという場合もあり得ます。

そんな時、招待するのをためらってしまいますが、その場合は、年齢層や話が合いそうな人と同じテーブルにしたり、同じテーブルの招待客にもそれとなく気にかけてもらえるようお願いするなどの配慮ができれば招待する側としても安心でしょう。

さいごに

できれば友達みんなに出席してもらいたいと思う結婚式ですが、式場の収容人数などの関係でそうとも言っていられません。ある程度の割り切りも必要になります。

結婚式の招待客を決めることは、人間関係を見つめ直すきっかけにもなります。そのなかで、これからもずっと家族ぐるみでお付き合いをしていきたいと改めて思える人もたくさんでてきます。今後の人間関係をも含めて誰を招待するのか考えてみましょう。