家計管理の5つのパターンとおすすめの管理方法とは?

結婚して夫婦ふたりで生活するには家計の管理がとても重要です。
家計の管理はどちらがどのように行うのかははじめに決めておいた方がよいでしょう。

そこで、この家計の管理にはどういうパターンがあるのか。
ここでは、家計を管理するための3つのパターンについてご紹介します。

専業主婦の場合

妻が家計を管理し、夫にお小遣いを渡す「お小遣い制」

これは、専業主婦家庭に多いパターンで、夫が妻に給料を全額渡し、その中で妻が生活費のやりくりをし、夫は妻からお小遣いをもらうという方法です。

妻が一人で家計を管理するので、管理がしやすく、お小遣いが定額であれば、予算化しやすく、収支の計画が立てやすいといったメリットもあります。
夫にしても、お小遣いの範囲内であれば自由にお金が使えるなどのメリットもあります。

家計のやりくりは女性の方が得意なことが多く、このパターンで家計を管理している家庭も多いでしょう。
家計を任された妻の責任は重大ですが、外で働いている夫に対して家で家庭をまもる妻の満足度が高くなるのがこの「お小遣い制」の特徴でもあります。

ただ、日々のやりくりに一生懸命なあまり、住宅ローンや保険の支払いなどの大きな固定費を見直すなどの長期のマネープランニングには気が回らなくなりがちなので、このあたりは夫が率先して取り組むようにするとよいでしょう。

お小遣いは、毎月決まった額を渡すか、さらに、必要になったときに追加で渡すのかなどふたりでルールを決めておきましょう。

お小遣い制のメリット
  • 家計を一人で管理するので管理がしやすい
  • お小遣いが毎月決まった額の場合、予算化できるので計画が立てやすい
  • もらう側はお小遣いを自由に使うことができる
お小遣い制のデメリット
  • お小遣いをもらう側は家計全体への関心が薄れやすい
  • 自分で稼いだお金なのに自由に使えないという不満が起こることがある

夫が資金を管理し、生活費を妻に渡す「生活費手渡し制」

これは、食費や光熱費、日用品など生活に必要なお金を妻に渡し、それ以外の費用を夫が管理する方法です。

日頃から数字に慣れていてマネープランニングに自信がある夫であれば、このパターンを選ぶことが多いようです。特に、銀行員や経理など金融系の仕事をしている人であればこのパターンを選ぶことが多いようです。

このパターンの場合、全体を管理している夫の満足度は高くなるのですが、家計の全体が見えない妻は不安を覚えることもあります。
定期的に家計の状況などを夫婦の間で共有して妻の不安を取り除いてあげることも大切です。

さらに、妻が自由に使えるお金がない場合、不満を覚えることもあるので、妻にもお小遣いを渡すなどの配慮が必要になります。

生活費手渡し制のメリット
  • 夫からすれば自由に使える金額が増える
生活費手渡し制のデメリット
  • 家計の全体が見えず妻が不安になることがある
  • 妻が自由に使えるお金がないため不満が起こることがある

ふたりが共働きの場合

ふたりが共働きの場合、それぞれ収入があるので、夫婦ふたりで対等にお金の管理をしている家庭も多く、家計管理の方法にはいくつかのパターンがあります。
まず、お財布を一つにして管理するのか、別々のお財布で管理するのかに分けられます。

ふたりの収入を合わせてひとつのお財布で管理する「共同財布型」

これは、毎月のふたりの収入を合算してそこから必要な費用を支払っていくパターンです。
管理はどちらかが行い、お互いお小遣い制にして必要なものがある場合は、そこから支出するようにします。

一つのお財布であれば残高もわかりやすく、なにより「ふたりのお金」という意識も働き、無駄遣いを抑える効果も期待できます。
このなかから決まった額を貯蓄に回して、残りのお金をふたりでやりくりすることで貯金がしやすいというメリットもあります。

お財布を共同にするメリット
  • ふたりでお金を貯めるという意識が生まれ、貯蓄もしやすく、節約をしようという気持ちも強くなる
  • 全体で何にいくら使っているのかがわかりやすい
お財布を共同にするデメリット
  • お互いが自由に使えるお金がなくなる

お財布を別々に管理する「お財布別々型」

これは、夫婦それぞれ自分のお財布で別々に管理をするという方法です。
そのなかでも、お互いどのように費用を負担するのかによっていくつかパターンが分かれます。

① 費用項目を分担し、残りは個別に管理

これは、お互い負担する「項目」をあらかじめ決めておき、残った分はそれぞれ個別に管理をするというやり方です。

たとえば、夫が住居費、保険料を負担し、妻が食費、日用品や光熱費などと項目ごとに決めておくのです。
残りはお互い貯金をしたり、自由に使える金額となります。

しかし、この方法だと、負担する項目によっては不公平感が出てしまうこともあるので、片方の負担が大きくなってきたと思ったら定期的に負担する項目を見直す必要があるでしょう。

さらに、お互いの貯蓄額も不明確になりがちなので、給与天引きを利用するなど毎月一定額を貯蓄できるようにするとよいでしょう。

② 固定費をふたりで負担し、残りは個別に管理

これは、住居費や保険料など毎月決まってかかるものをふたりで負担し、残りはお互いに自由に使うというパターンです。
毎月決まった額をそれぞれ負担しあい、不足があればその都度どちらかが負担をするというものです。

しかし、この方法だと家計に入れるお金以外はすべて自分の自由に使えるお小遣いとなるので無駄遣いをしがちになります。
給与天引きや先取り貯金をして使い過ぎないようにすることが大切です。

あらかじめ固定費のなかに貯蓄としてふたりで決まった額を貯めるように決めておくのもよいでしょう。
ただし、収入が増えたり、片方の収入が減ってしまった時など、片方の負担が大きくならないように貯蓄額の定期的な見直しも必要となるでしょう。

お財布を別々にするメリット
  • お互い自由に使えるお金が増える
  • お互いが支出を分担しているため、家計について話し合いをもつ機会が増える
お財布を別々にするデメリット
  • お互いの自由度が高いので、無駄遣いがあっても気づきにくい
  • 項目で負担している場合、金額差により不公平感が生まれることがある

おすすめの家計管理方法は?

専業主婦であれば「お小遣い制」、共働きであれば「共同財布型」

夫婦や家計状況によっていろいろ状況はあると思いますが、おすすめは、専業主婦であれば「お小遣い制」、共働きであれば「共同財布型」と考えます。

夫婦別財布型であればお互いの自由度は高いのですが、将来しっかり貯蓄をしていくためにはやはり、お財布はしっかりと管理したいものです。


専業主婦であれば、普段の買い物や固定費の支出についても妻がよくわかっているでしょうから、夫が無駄遣いをしないためにしっかりとお財布の紐を結んでおくことが貯蓄を成功させるためのポイントです。

夫婦共働きの場合も、一つのお財布にふたりのお金をまとめることによりお互い家計への関心が高まり、無駄遣いを減らし、貯蓄を成功させやすいのではないでしょうか。

将来のライフプランを見据えた家計管理ができるように、ぜひ参考にしてみてください。