ブライダルフェアに参加するメリットと注意すべきこととは

結婚式場探しをはじめると『ブライダルフェア』という言葉を聞くようになります。
このブライダルフェアはこれから結婚式場探しをするにあたり、ふたりにとってとても大切なものとなります。

ここでは、ブライダルフェアに参加することのメリットとその際注意すべきことをご紹介します。

それでは、ブライダルフェアに参加するメリットとはなんでしょうか、以下4点を挙げることができます。

ブライダルフェアに参加するメリット

結婚式のイメージが明確になり実感が湧く

いざ結婚式を挙げようと思ったときに、明確なイメージもなく漠然と結婚式場探しをしていてもなかなか自分たちにぴったりの会場が見つからないばかりか、自分たちのイメージとはまったく違う会場を選んでしまうといったことも起こります。
ブライダルフェアでは本番当日のような装飾がなされた会場をはじめ、本番さながらの模擬挙式や模擬披露宴に出席することができるなど、実際に体験することでどんな結婚式になるのかが具体的にイメージすることができます。
ブライダルフェアに参加することでイメージが明確になり、自分たちに合った結婚式場を探すことができます

ブライダルフェアに参加することで参加者特典が付くこともある

ブライダルフェアに参加することで特典を用意している会場も多くあります。
ブライダルフェア当日にお土産がもらえたり、当日に成約することによる費用の割引や会場がホテルであれば宿泊券等がもらえることがあります。
もし、結婚式を挙げたい会場が決まっていたとしても契約前に一度ブライダルフェアに参加するとよいでしょう。

結婚式を挙げるための予算感や結婚式準備の段取りを知ることができる

ブライダルフェアに参加すると通常はプランの説明を受け、見積書をもらうことができます。
この見積書は最低限の内容しか記載されていないことが多いので注意が必要ですが、結婚式を挙げるのにいくら必要なのかを知ることができ、他の会場と比較検討する際にもとても役に立ちます。

結婚式を挙げることに消極的な彼をその気にさせられる

もし、彼が結婚式を挙げることに消極的な場合、このブライダルフェアを利用することができます。

男性の場合、結婚式を挙げることが面倒くさかったり恥ずかしいという理由で消極的になる人も多いので、実際に会場を訪れて『結婚式』を体験させることで彼の考えを変えることができるかもしれません。
婚礼料理の試食会やウェディングドレスの試着などのイベントが目白押しのブライダルフェアはデートとして楽しむことができ、これまで結婚式に消極的だった彼をその気にさせる力を持っているのです。

もちろん、ブライダルフェアに行ったからといってその場で契約する必要もないので気軽にデート気分で出かけてみてはいかがでしょうか。
まずは彼を誘って一度ブライダルフェアを体験してみることをおすすめします。


このように、ブライダルフェアに参加することで自分が思っていたイメージと現実とのギャップを見つめ直すことができ、ゲストの目線で見たときに自分たちがどう見えるのか、いくらあれば結婚式を挙げられるのかなど、実際にブライダルフェアを体験しないとわからないことも見えてきます。
結婚式をするのかしないのかで迷っている方も一度ブライダルフェアへ行ってみましょう。

ブライダルフェアは会場側も特に力を入れているのでその会場の実力も知ることができるでしょう。

ただし注意点も

ただし、ブライダルフェアに参加するうえでひとつ注意点があります。
それは、ブライダルフェアに参加してすっかりその会場が気に入ってしまい、他の会場と比較せずに勢いで契約をしてしまうことです。

今日契約(正式予約)すれば大幅に割引されると言われてついつい契約をしてしまったというカップルも多くいます。
結婚式場と契約をするには「内金(うちきん)」と呼ばれる前金を支払う必要があります。
その額は会場によって異なりますが、5万円から20万円が多いようです。
内金は結婚式にかかる費用の一部に充当されるお金なので、その会場で式を挙げるのならばいずれ支払う額の一部を最初に支払うというものなので特に問題はないのですが、契約後にやっぱり他の会場がよかったので契約を解除したいと思った場合、すでに支払っている内金は返ってこないか、一部のみ返還といったケースがほとんどです。

なので、よほどのことがなければ、ブライダルフェア当日に正式予約をするのではなく、無料の仮予約をすることをおすすめします。
もし、『今日契約をしなければ割引特典がつかなくなる』と言われても、検討期間を会場側と相談し割引がつくように交渉をするとよいでしょう。

結婚式には大きなお金がかかるだけにたくさんのブライダルフェアを回って慎重に会場を選びたいものです。