披露宴開宴前も招待客を飽きさせないおもてなしを

結婚式当日、受付を終えたあと、ゲストの方には挙式や披露宴の開始まで待合室やホールなどでお待ちいただくことになります。
この時間はゲストにとっては「待ちの時間」なので、その間もゲストを飽きさせないための工夫が必要です。
おもてなしを重視する近年の傾向として、その時間も招待客に楽しく心地よく過ごしてもらおうと工夫するカップルが増えています。

待合室をかわいく装飾

写真やメッセージなどで装飾

新郎新婦ふたりの小さい頃からの生い立ちを追った写真や可愛い装飾などで待合室を飾り付けます。
待ち時間にそれらを見ることで、ふたりのことをより知ってもらうことができます。
また、ゲストと写った写真などにメッセージを添えて飾るととても喜ばれます。

別撮り写真を飾る

別撮りとは、事前にふたりで結婚式用に写真を撮影することです。

結婚式当日は慌ただしく時間が過ぎてゆき、撮影できる写真のロケーションや衣装にも限りがあります。
そのため、事前にゆっくりと時間をかけて撮影することができ、結婚式当日に式場の受付に飾ることもできるため、とても人気があります。
式場で撮影するだけでなく、外部の撮影会社を利用して好みのロケーションで撮影を行ったり、当日着られない衣装を着ての撮影が行えます。

ウェルカムホード

ウェルカムボードとは待合室や受付の入口に置き、ゲストを最初に迎えるボードです。
ふたりの名前と挙式日を記載し、写真やメッセージを書き、花やリボンで飾り付けをします。

結婚式を象徴する存在となるので、ふたり共通の趣味や出会ったきっかけとなったイベントにちなんだものなどふたりらしいものを用意しましょう。
このウェルカムボードは二次会や結婚パーティにも使用でき、その後新居に飾ると結婚式の思い出が蘇るでしょう。

ウェルカムドリンクでゲストをおもてなし

ウェルカムドリンク とは、挙式が終わり、披露宴が開宴するまでの間の待ち時間にゲストに飲んでいただくドリンクをいいます。

ウェルカムドリンクとしてシャンパンやカクテル、トロピカルジュースなどを用意し、軽くつまめるオードブルなどを用意するのもよいでしょう。
冬場であれば温かい紅茶などが喜ばれます。
挙式・披露宴の時間によっては食事をしてきていないゲストもおり、お腹がすいているはずなので軽くつまめるものがあると喜ばれるでしょう。
そういった小さな気遣い、おもてなしの気持ちはゲストに必ず伝わります。

さいごに

このようにちょっとの工夫でゲストに待ち時間を感じさせず楽しく過ごしてもらうことができます。
ぜひあなたらしいおもてなしを考えてみてください。