職場への結婚報告の仕方と気を付けるべきこととは

結婚が決まった場合、現在仕事をしている方は、職場の上司や同僚へ結婚の報告をする必要があります。
報告の仕方ひとつ間違えただけで社会人としての常識を疑われてしまうということにもなりかねません。

ここでは、職場への結婚報告の仕方とその際に気を付けなければならないことをご紹介します。

結婚報告をする時期は

職場に結婚の報告をする時期は、結婚式の日取りが決まり、招待客がある程度決まった段階です。

また、あなたが女性の場合、職場の上司が一番知りたいことは、結婚してからも仕事を続けるのかどうか、出産を控えて産休を取るかどうかなど職場に影響がある事項です。
結婚式や今後の予定が決まっていない段階での報告は控え、結婚してからも仕事を続けるのかどうかや、上司を結婚式に招待するのかどうかが決まった段階で報告をおこないましょう。

報告する順番が大切


職場で結婚の報告をする際はまずは自分の直属の上司に報告をしましょう。

直属の上司とは、実際にあなたに仕事の指示をする立場にある人を指します。
主任や課長代理、課長などさまざまな役職の人がいて厳密にどの人が「直属の上司」と言えるかはケースバイケースですが、実際には課長を指すことが多いでしょう。

その後同僚や先輩、他の上司にも報告することになりますが、人間関係がよくわからない場合は、直属の上司に報告した際にどのような順番で報告した方がよいか指示を仰ぐとよいでしょう。

報告するタイミングにも気をつけて

上司に報告するときはタイミングにも気をつける必要があります。

仕事の忙しい時間帯や上司が立て込んでいるときは避けて、勤務時間前やお昼休みなど上司が空いている時間帯を見計らって声をかけましょう。

こう声をかけるとスマート

「〇〇課長、ご相談したいことがあるのですが、少しお時間をいただけないでしょうか」

と切り出し、上司の了解を得ましょう。

わかる上司ならばふたりで話せる静かな場所へ移動してくれるでしょう。
大切な話なのでできればふたりきりで話せる場所に移りたいものです。

伝えるのはこの3つ

  1. 結婚するという事実
  2. 結婚の時期と結婚式の日程
  3. 結婚後の仕事について

結婚するという事実

まずは結婚するという事実をしっかり伝えましょう。
同時にお相手のこともどんな人物なのか少し触れておくとよいでしょう。

「わたくしごとですが、この度結婚することになりました。」

結婚の時期と結婚式の日程

次に結婚の時期と上司を結婚式に招待するのであれば日程も伝えます。
出席をお願いするときは、出席して欲しい旨だけ伝え、スピーチの依頼などは正式に決定してからお願いするようにします。

招待しない場合は具体的な日にちは伝えずに結婚式は親族と親しい友人のみでおこなうなど理由を伝えましょう。

招待する場合:

「〇月〇日に□□ホテルで挙式をおこなう予定です。△△課長にもぜひ出席していただければと思っております。」

招待しない場合:

「〇月に挙式をおこなう予定ですが、披露宴は親族のみですませる予定です。職場の皆さまには改めてご挨拶させていただきたいと思います。」

結婚後の仕事について

結婚後に仕事を続けるのか、働き方に変化があるのかは上司にとっては最も気になるところでしょう。

上司に聞かれるのを待つのではなく、自分から切り出しましょう。
退職する場合は早めに相談する必要があります。

仕事を続ける場合:

仕事を続ける場合:「結婚後も今まで通り仕事を続けさせていただきますので、これからもよろしくお願いいたします。」

退職する場合:

「結婚を機に退職させていただきたいと思っております。改めてご相談させていただきたいと思います。」

同僚や先輩にはその後で報告を

上司への報告が済んだら同僚や先輩にも結婚報告をします。
この報告は結婚式準備や休暇などで迷惑をかけることがあるので事前にフォローをお願いする意味もあります。

結婚するという話は噂として広がるスピードも速いのでできるだけ早い段階で同じタイミングで報告するようにしましょう。

まとめ
  1. 職場への結婚報告は時期と順番が大切。
  2. 結婚後の予定が決まるまでは報告は控えましょう。
  3. 噂話は話が広まるのが早いので報告を開始したら迅速に。