ふたりでしっかり考えておきたい 結婚までにあといくら貯めればいいの?

結婚するのにいくら費用が必要かを把握できたら、次は現時点であとどのくらいの費用が必要なのかを考えてみましょう。

この段階では現状を認識することが目標なので、だいたいこんなものかな、という程度で構いません。
現状を把握したうえで、ふたりで力を合わせて足りない分を貯めていきましょう。

現時点で用意できる金額の見込みを算出しましょう

まずふたりの貯蓄額を合計してみましょう。

そして、親からのお祝いや援助が得られそうであればその額をプラスし、さらに招待客の顔ぶれを考えてご祝儀でいただけそうな額を計算してみましょう。
親戚であれば関係性にもよりますが、5万円~10万円、同僚や友人は3万円が相場ですので大雑把で構わないので集計してみましょう。

そうすることで、結婚費用の総額まであといくら足りないのかが見えてきます。

すべて自分で用意しなければならないわけではない

結婚には多額の費用がかかりますが、すべて自分たちで用意しなければならないわけではありません。
多くのカップルが親からの援助を受けたり、ブライダルローンを組んだり、お祝い金やご祝儀から支払いに充てることもできます。

しかし、最初から親頼み、ご祝儀頼みではいけません。

援助してもらえると思っていた額が援助してもらえなかったり、思っていたようなお祝いがいただけないということも起こりえます。

したがって、まずは基本としてふたりの貯蓄から支払うことを前提としましょう。
まずは、ふたりの貯蓄額を把握して結婚までにいくら足りないのかを早い段階で確認することが大切です。

その上で、足りない分は結婚までに貯蓄を頑張るなり、親に援助をお願いするなどを考えればよいのです。
もし資金が貯まりそうもなければふたりで目標の額を貯めてから結婚するということも珍しくはありませんので無理はしすぎないようにしてください。

早い段階でブライダルフェアへ行くメリット

新婚旅行や新生活はある程度目処が付くでしょうが、結婚式の費用はなかなか見えづらいものです。

そこで、早い段階から実際にブライダルフェアに参加し、見積りをもらいあといくら用意しなければならないのかを明らかにしておきましょう。
早い段階でブライダルフェアに参加するメリットはここにあります。

ただし、実際に結婚式にかかる費用は見積り時より増加することが一般的なので、多めに見積もっておくことをおすすめします。

結婚後の生活こそが本番

無事資金を貯めて結婚式をおこなってもその後の新婚生活が苦しいものになっては意味がありません。

経済的なことでケンカになったり、仲が悪くなってしまっては元も子もありません。
ゆとりをもって新生活を迎えることが一番だと考え、不安があるのなら経済的な余裕が出来てから結婚しても遅くはありません。

お金のことは大切ですから、ふたりでしっかりと話し合ってみてください。