披露宴のプログラムの流れとは

披露宴のプログラムや演出を考えるにあたっては披露宴の流れを理解しておく必要があります。

披露宴の時間は2~3時間ほどです。
基本的には前半でふたりの紹介や主賓の祝辞など、形式的な儀式として厳粛な雰囲気で進みます。
そして、お酒が進み、ゲスト同士の歓談が進み場が和んできたらお色直しを経て余興やキャンドルサービスなどの明るい演出を、そして最後に花嫁による両親への手紙の朗読で感動的なエンディングを迎えるというのが一般的な流れです。

主賓や会社の上司などの挨拶が続くと、堅苦しい雰囲気が続くことになるので、友人のスピーチや新郎新婦による演出を挟むことで招待客をリラックスさせ、メリハリをつけることが大切です。
基本的な流れやプログラムは式場側で用意されているものがあるので、それに添って自分たちなりの演出を加えると流れが作りやすいでしょう。

ここでは、披露宴の一般的な流れをご紹介します。
結婚式準備の参考にしてみてください。

一般的な披露宴の流れと所要時間

披露宴序盤 入場~お色直し

披露宴開宴の10分前まで
招待客が会場入りする
両家の親が披露宴会場の入口で招待客を出迎えます。 このとき、主賓や乾杯の挨拶を行ってくれる方へお車代を私ます。 ここではゆったりとしたBGMを流すとよいでしょう。
約5分
新郎新婦入場

招待客、両親が着席したら、司会者の「新郎新婦入場」という言葉とともに新郎新婦が入場します。 明るめの希望に満ちたBGMをバックに会場中の注目を浴びながらゆっくりと入場します。
約10分
開宴のあいさつ・ふたりの紹介
新郎新婦の着席を待ち、司会者より開宴が告げられます。 その後、司会者よりゲストに向けてふたりの紹介を行います。
約10分
主賓の祝辞

新郎側、新婦側の順で主賓が祝辞を述べます。 会社の上司やお世話になった恩人などに挨拶をしてもらうとよいでしょう。 この主賓の挨拶によって新郎新婦の人柄がゲストに披露されます。
約5分
乾杯

主賓や代表者が挨拶を行い、全員起立しグラスを持ち、乾杯を行います。
約10分
ウェディングケーキ入刀

序盤の一大イベントです。 新郎新婦でケーキカット用のナイフを持ち一緒に入刀します。 その後、お互いにケーキを食べさせるファーストバイトと呼ばれる演出が人気です。 最近では、招待客全員分の乾杯酒を注ぐ時間を埋めるために乾杯前にこのウェディングケーキ入刀を行うことも増えています。
会食がスタート

料理の一品目が運ばれ、歓談が始まります。 お色直しまでの間、招待客には料理を楽しんでもらいます。
約30分
お色直しのため一旦退席
お色直しのためにまずは新婦が、その後少し時間をおいて新郎が退席します。 この時、エスコート役をサプライズで親族や友人を指名するといった演出がよく行われます。

披露宴中盤 新郎新婦再入場~余興

約20分
新郎新婦再入場
お色直し後に新郎新婦揃って再入場します。 この時、キャンドルサービスや写真撮影などを行いながら各テーブルを回ります。
約20分
スピーチ・余興

場が和んできたところで、ゲストによる友人代表の挨拶や余興が行われ、場を盛り上げてもらいます。
約5分
祝電の紹介
結婚式当日にいただいた祝電を司会者が読み上げます。 どの祝電を紹介するかは当日結婚式直前に選びます。

披露宴終盤 両親への手紙~お見送り

約10分
両親への手紙、記念品の贈呈

花嫁が両親へ宛てた手紙を読み上げます。 その後、新郎新婦は両親が並んで待つ下座へ進み花束や記念品の贈呈を行います。 花嫁による手紙の朗読は披露宴最大の見せ場で最も感動的な場面となります。
約5分
両家代表による謝辞、新郎による挨拶
披露宴を主催した両家の代表者(主に新郎の父)と新郎によって披露宴に集まってくれたゲストへお礼の言葉を述べます。
約5分
閉宴のあいさつ

司会者により披露宴の閉宴の挨拶が行われ、披露宴はお開きとなります
約30分
招待客のお見送り
新郎新婦と両親は会場の外で一列にならび、招待客のお見送りをします。 ひとりひとりにプチギフトを渡し、感謝の気持ちを伝えます。

さいごに

以上が一般的な披露宴の流れです。
プログラムを考える際には具体的にイメージしてみることが大切なので、ぜひ一度来てくれる友人や親族の喜ぶ顔を思い浮かべながら披露宴の流れをイメージしてみましょう。