結婚にはいくら費用がかかるの?おおまかな総額を知っておきましょう

結婚することになったおふたりはこれからはじまる新しい人生に向けて希望に満ちていることでしょう。
しかし、婚約をして、これから結婚式を挙げて、新婚旅行に行き、新生活をはじめるには現実問題としてお金がかかります。

これから結婚準備をはじめるふたりや、すでに準備をはじめたけれども結婚費用がいったいいくらかかるのかをしっかり考えたことのないふたりにいったい結婚にはいくらくらいのお金がかかるのかをおおまかに把握しておきましょう。

結婚にかかる平均的な費用とは

ゼクシィの調査によると、婚約から新婚旅行までで全国平均で総額約470万円かかると言われています。

中でももっとも費用のかかるものが挙式・披露宴費用で約360万円で、次いで新婚旅行の約73万円、婚約にかかる費用の約56万円となっています。

挙式・披露宴費用 約360万円
新婚旅行 約73万円
婚約にかかる費用 約56万円

(参考)結婚費用の項目と相場-親ごころゼクシィ

地域による差や結婚式でかなえたいものの種類によって大きく異なりますが、ひとつの基準としてこのくらいの額をみておきましょう。

挙式・披露宴の中でも大きなウエイトを占めるものとは?

平均で約360万円かかる挙式・披露宴ですが、もちろん、ふたりの望む希望を叶えようとするとその分予算が大きく膨らんでしまいます。
やりたいことを全部やろうとするとあっというまに金額が大きく膨れ上がってしまうのが挙式・披露宴の費用なのです。

その中でも費用のかかるものが、ゲストのお料理と飲み物代で平均でひとりあたり1.8万円となっています。
80人招待するなら144万円となります。

次いで、ふたりの貸し衣装代64万円、引き出物などのギフトが36万円となっています。

料理や引き出物などのゲストへのおもてなしアイテムが多くの割合を占めることがわかると思います。
料理を楽しみにしているゲストも多いのでやはり直接ゲストに関わるものは費用を抑えにくいということがあるようです。

どこに優先順位をおくか

結婚式の費用を節約したい場合は、自分たちにとっての優先順位はなにかを明確にして、予算配分を考えるとよいでしょう。
これは結婚式準備が始まる前からふたりでよく話し合っておきましょう。

出産を控えているなら

また、最近増えている妊娠してからの結婚式、いわゆる「授かり婚」の場合は、これらの費用のほかに出産・育児の費用も考える必要があります。

出産だけでも平均45万円かかります。
「出産育児一時金」が支給される場合でも、受け取れるのは産後になるので注意が必要です。

その後の育児にかかる費用なども事前に計算に入れておきましょう。

忘れてはいけない新婚旅行

せっかくのハネムーンだから海外でゆっくりとと考えるカップルも多いでしょう。
実際、ヨーロッパが一番人気があり、ハワイなど南国が次いで人気があります。

普段取りづらい長期休暇が取れるため遠出をするカップルが多いようです。

航空券、宿泊費のほか、結婚式でお世話になった方や職場へのお土産代も意外とかさみますので、新婚旅行の費用も結婚準備をはじめる段階から計算に入れておきましょう。

婚約にかかる費用

婚約にかかる費用で大きなものは婚約指輪でしょう。

ダイヤモンドが一粒ついたものが人気で、30万円から40万円のものを選ぶ人が多いようです。

さらに、結納をする場合は約15万円ほど費用が掛かりますが、最近では顔合わせの食事会として両家集まって食事をするという形式で行うカップルも増えています。
その場合は約5万円ほどが相場でしょう。

新生活にかかる費用

これからふたりで引っ越しをするのであれば引っ越し費用や敷金・礼金など賃貸にかかる費用、さらに家具家電の購入費用と多くのお金が必要になります。
二人の生活レベルに合わせた部屋を探したり手持ちの家具家電を持ち込むなどして費用を抑えることも可能です。

必要な家具家電一式を揃えるといくらくらいになるのか、一度電気屋さんをふたりで回ってみるとよいでしょう。

さいごに

全体の費用を把握せずに結婚式にお金を使いすぎて新婚旅行に行かれなくなったり、新生活の準備が整えられなかったり生活自体が苦しくなってしまわないように、全体でいくらくらいの費用がかかるのかは結婚準備をはじめる前にしっかりチェックしておきましょう。