これさえ持っていけば間違いない ブライダルフェアの持ち物とは

ブライダルフェアに参加するのに何を持っていったらよいかわからない、ということはありませんか?
せっかくブライダルフェアに参加するのですから、会場選びに迷わないように有意義に過ごしたいものですよね。

ここでは、結婚式場探しを効率的にし、ブライダルフェアを有意義な時間にするために持って行ったら良いものや事前に準備しておくとよいものをご紹介します。

ブライダルフェアに必要な持ち物とは?

まず、ブライダルフェアに必ず持っていきたい基本のアイテムはこの4つです。

カメラ

ブライダルフェアでは、実際に結婚式場のチャペルやテーブルセッティングされた披露宴会場を見学できることがほとんどですので、後で他の会場と比較検討できるようにそれらはしっかりと写真に収めておきましょう。

さらに、試食で出される料理や装飾も撮影しておくことで、後から会場を比較するのにイメージがしっかりわき、とても役に立ちます。

気になる場所はどんどん写真に収めましょう。
そうすることで、時間が経っても式場の様子を思い出しやすくなり、親や参加できなかったパートナーに見せることができます。

ただし、写真撮影が禁止されている場所や場面もあるので、不安であれば会場スタッフに写真を撮ってよいか確認をしましょう。

カメラを持っていなければスマートフォンでも大丈夫です。
ただし、スタッフの説明中や静かな場面ではシャッター音に気をつけるなどの配慮が必要です。

手帳やメモ帳、ペンなどの筆記用具

会場の雰囲気やその時感じた気持ちなどをメモに書いておくと後々会場を検討する際に役に立ちます。
カメラで撮るだけより自分の素直な気持ちを記録に残せるので、会場選びで迷ったときには大いに参考になります。

また、ブライダルフェアの途中で気になったことなどをメモしておけば後からプランナーさんに質問することもできるので、是非メモの用意はして行きましょう。

さらに手帳であればカレンダーがついていてスケジュールの確認もできるので、結婚式の日取りについて具体的に相談する際に便利です。また、後日改めて訪問するときも自分のスケジュールをすぐに確認できるので次回の予約もスムーズに取ることができます。
手帳のカレンダーのほか、スマートフォンのカレンダーアプリでも代用できます。

大きめのバッグ

ブライダルフェアに参加すると結婚式場のパンフレットや見積もり書などたくさんの書類をもらい、意外と荷物になることもあります。
封筒や紙袋に入れてくれる場合もありますが、一日に複数の会場のブライダルフェアに参加する場合などは邪魔になったり気まずい思いをすることもあります。

そうならないために、ひとまとめにできる大きめのバッグやエコバッグを持っていれば安心です。
大事な資料になりますので、汚れたり折れたりしないようにしましょう。

履きなれた動きやすい靴

ブライダルフェアでは実際に挙式を行うチャペルや披露宴会場、さらに控え室や受付スペースなど会場内のさまざまな場所を案内してもらえます。

その際、階段の上り降りがあったりと会場内を歩き回ることが多くあります。さらに、ゲストのために駅からの経路や会場周辺の施設等もチェックしておく必要があるため、普段履き慣れた動きやすいフラットシューズなどの靴でブライダルフェアに参加することをおすすめします。

持っていくと便利なアイテムとは?

ここでは、必須ではないですが、あると便利なものをご紹介します。

結婚式のイメージや条件をまとめたノート

自分たちが結婚式に対して持っているイメージを具体的に表している写真や雑誌の切り抜き、特に、着てみたいと思うウェディングドレスの写真を持っていくとその会場の雰囲気に合うのかの確認もできます。
やってみたいことや希望をブライダルフェア当日に案内してくれるプランナーさんなどに見せて相談すればできる・できないなどもはっきり答えてもらえるので検討の材料にすることができます。
また、その会場のホームページ等を見て事前に質問事項も考えておくとよりブライダルフェアが充実したものとなるでしょう。

これらの結婚式のイメージをまとめたノートなどがあれば是非持参してください。

防寒具

会場内は空調が効きすぎていたり、冬はガーデンや屋外の施設を見るなど外にいる時間が多くなる場合があるので、さっと羽織れる防寒具などがあるとよいでしょう。

電卓

ブライダルフェアに参加すると概算の見積もりを提示されることがほとんどです。
金額はプランナーさんが計算してくれますが、自分でもきちんと確認するためにも電卓を持っていくとよいでしょう。

さらに、招待したい人数などを考慮して計算し直す場合にも電卓があると便利です。
もちろんスマートフォンで代用しても構いません。

モバイルバッテリー

会場内で写真をたくさん撮ったりメモや調べものなどをしていてスマートフォンのバッテリーがなくなってしまうこともあるでしょう。
特に一日で複数の会場を回る場合などにはモバイルバッテリーがあるとバッテリーの残りを気にせずにスマートフォンを使うことができるのでいざという時の備えに持って行くとよいでしょう。

ウェディングドレスなどの衣装の試着ができるフェアの必須アイテムとは

ここでは、実際にウェディングドレスなどの試着ができるブライダルフェアに参加する際の必須アイテムをご紹介します。

ストッキング

ドレスに合わせてヒールを履くときに必要になるので持っていくと便利なアイテムです。

ヘアゴムやヘアクリップ

ドレスを試着する際にさっと髪の毛をアップできるヘアゴムやヘアクリップがあると便利です。

ベアトップブラ

肩や背中が露出するドレスを試着する際にドレスが持つイメージや雰囲気を損なわないためにもベアトップブラがおすすめです。
着替える際はプランナーさんやコーディネーターさんが手伝ってくれるので見られても恥ずかしくないものを着ていくとよいでしょう。

ブライダルフェアまでに考えておきたいこと

会場探しの初期の頃は結婚式の雰囲気をつかむためになにも考えずにブライダルフェアに参加しても良いのですが、ある程度会場を決める段階や効率的に会場を検討したい場合に考えておきたいことをご紹介します。

予算と招待客のおおまかな人数

ブライダルフェアに行く前に結婚式に用意できる予算のおおよその額と呼びたいゲストのおおまかな人数を考えておくとよいでしょう。
結婚式のプランによっては招待客の最低人数が決まっているところもあるので、あらかじめ呼びたい人をリストアップしておくと無駄に大きな会場を選んでしまうこともないでしょう。

結婚式を行いたい時期

結婚式を挙げたい時期によって会場の装飾や季節にふさわしい演出なども異なってきます。
少なくともどの季節に結婚式を挙げたいのかだけでも考えておけばより結婚式のイメージが湧きやすいでしょう。

さいごに

ブライダルフェアはこれからふたりで結婚式場選びをしていくなかでたくさんの情報を得ることができます。
後からふたりでさまざまな式場を検討するためにも写真をたくさん撮り、気になったことはしっかりメモするようにするとよいでしょう。
いくつかのブライダルフェアに参加することで結婚式に対してさまざまなイメージを得ることができるでしょう。
ぜひ、可能な限りたくさんの会場を見て納得のいく会場選びをして欲しいと思います。