披露宴の時間はどのくらい?ゲストが満足できる(退屈しない)時間配分とは?

披露宴にかかる時間はどれくらいか?
披露宴にどのくらい時間がかかるのかを知っておくことは、これからプログラムを組むうえでとても大切なことです。

披露宴の一般的な流れはこちら(「プログラムの一般的な流れを知りましょう」)をご覧ください。

披露宴の時間は2時間半が一般的

挙式が30分、挙式から披露宴までの時間が30分、披露宴が2時間半というのがよくあるパターンです。
会場によっては2時間であったり、長いところで3時間というところもあります。

延長料金を支払い披露宴の時間を延長することもできる会場もありますが、本当に延長が必要かはよく考えみる必要があります。

こんな時ゲストは披露宴を長く感じる

127

演出の内容やお色直しの回数にもよりますが、長すぎるとだらけてしまい間延びした印象を与えるし、短過ぎるとなにか物足りない印象が残ってしまいます。

ゲストのテーブルを回るテーブルラウンドをゆっくりおこなったり、お色直しの回数が多くなると披露宴の時間は長く必要になりますが、それでも3時間を超えると多くのゲストが長いなと感じるようです。

お色直しの回数が多く、新婦が不在の時間が長いと、よりそういった印象を与えやすくなりますので注意が必要です。

こんな時ゲストは披露宴を短く感じる

026

逆に、主賓の挨拶が長かったり、余興が多いと新郎新婦と触れ合う時間がなく、2時間ではあっという間に過ぎ、ゲストには物足りない印象を与えてしまいます。

さらに、いろいろとやりたいことがある場合、詰め込み過ぎると慌ただしいばたばたとした披露宴になってしまい、ゲストにはなんだか忙しい式だったというイメージが残ってしまうでしょう。

この場合も余裕を持った時間設定にするとよいでしょう。

さいごに

当日のゲストは披露宴の時間は2時間半くらいだろうというつもりで出席しています。

ゲスト一人一人とたっぷり時間を取りたいからと2時間半を超える時間設定にした場合、ほかのゲストは手持無沙汰になり、することがない状態になってしまうことがあります。
ゲスト一人一人と触れ合うことも大切ですが、そのために他のゲストを放ったらかしにしないように気を付けましょう。

そこにいるゲスト全員の事を考えた進行を意識すれば、ゲスト全員と触れ合うことも可能ですし、2時間半を超える披露宴でも満足してもらうことができます。
その視点は大切にしたいものです。