結婚式場への支払いのタイミングはいつ?支払いパターンにみるメリットとデメリットとは

結婚式を挙げると決めて式場と契約をしたけれど、いったいいつどのような費用を支払うのか、しっかり把握できていますか?

いったいいつまでにどのような費用を支払うのか知らずに支払い期日直前になって慌てたというカップルも多いようです。
そこで、今回は、結婚式費用を支払うタイミングやそれぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。

支払いのパターンにはどういったものがある?

結婚式の費用をいつ式場に支払うのかは大きく分けて次の3通りがあります。

前払い

結婚式の前に支払いがほぼ完了する支払い方法です。

メリット
  • 結婚式までに支払がほぼ完了するので当日はお金のことを気にせず、結婚式を楽しむことができる
デメリット
  • 結婚式までにまとまった金額を用意しなければならないので、計画的に資金を用意する必要がある

結婚式の前に支払いがほぼ完了していれば、結婚式当日はお金の事を気にすることなく過ごすことができます。
現実を忘れて結婚式を楽しむことができるので事前に支払いができるのならおすすめです。

披露宴後も簡単な手続きで会場を後にすることができるので、二次会が控えているのならすんなりと移動することができます。

その反面、結婚式の前までにまとまった金額を用意する必要があるので、計画的に資金を用意する必要があるので注意が必要です。

この、事前に全額用意しなければいけないというのがこの支払方法のデメリットになります。
自分たちで用意するのが難しければ親からの援助をお願いするか、ブライダルローンを組むなど別の手立てを考える必要があります。
事前支払いのタイミングは会場によって様々なので、支払い期日は早めに確認をしておきましょう。

当日精算にも注意

0150

結婚式前に最終金額が確定し、支払いが終わったと思って安心してはいけません。

最終金額確定後にも追加費用が発生する可能性もあります。
たとえば、結婚式当日の身内のヘアメイクや着付けを会場に頼んだり、プランに入っていない飲み物をゲストが頼んだ場合に追加での支払いが必要になります。
また、披露宴が長引けば延長料金が発生するなど、披露宴が終わってみないと最終金額が確定しないのです。

支払い期限も、当日の披露宴終了後に支払いが必要なのか、後日請求書によって支払うかも会場によって様々です。
当日支払いの場合は追加費用の発生に備えて多めに現金を持参するか、クレジットカード払いが可能かも確認しておきましょう。

結婚式当日払い

これは、結婚式当日の披露宴終了後に支払いをする方法です。

メリット
  • 結婚式当日にいただくご祝儀を支払いに充てることができる
デメリット
  • 披露宴後に支払い手続きがあるため、二次会を控えていると時間的にあわただしくなる

最近では、ご祝儀を支払いに充てることができる当日払いができる会場も増えています。
ふたりにとっては貯金を切り崩したり、親やブライダルローンで借金をするなど事前にまとまった金額を用意する必要がないというのが大きなメリットになります。

デメリットとしては、披露宴後にすぐに支払の手続きをおこなう必要があるため、結婚式の夢心地に浸る間もなく一気に現実世界に引き戻されてしまい、当日いただいたご祝儀をそのまま支払いに充てるため、ありがたみを感じる時間があまりないということがあげられます。

さらに、二次会を控えていれば時間に追われ、結婚式終了後はかなりばたばたしてしまうことになるため、当日のスケジュールや支払い方法はしっかり確認しておく必要があります。
また、ご祝儀が想定していた額より少なかった場合に備えてある程度の資金を用意しておかなければなりません。

後日払い

結婚式が終わった後、翌日以降に支払いをする方法です。

メリット
  • いただいたご祝儀から支払いに当てることができ、さらに時間的にも余裕があるので、いただいたご祝儀をしっかり確認することができる
デメリット
  • ご祝儀が想定していた額に満たない場合、急いで資金を集めなくてはならない

ご祝儀払いができるのがメリットというのは当日払いの場合と同じですが、結婚式当日に支払手続きがないので、披露宴後も時間に余裕があるというさらなるメリットもあります。

ただ、後日払いというのは結婚式場からすればリスクを負うことになるので、あまり一般的ではないので、希望の会場が見つかりにくいというデメリットもあります。
さらに、全額ご祝儀でまかなえると考えていた場合、想定よりご祝儀金額が少なかった場合、急いで資金を用意しなければなりません。

そうならないためには、ある程度の資金は念のため用意しておき、支払い期限についてもしっかりと確認しておきましょう。

中間金の支払いが必要な場合も

0119

どのような支払い方法であっても、事前に支払いが発生することがあります。

それが「中間金」といわれるです。
「中間金」とは、結婚式の数ヶ月~数週間前に一度、予定総額の半額程度を支払うというものです。
この場合、最終見積りで確定した金額の残りを式の数週間前~後日に支払うことになります。

この中間金の支払いは額が大きくなりますので、早い段階で支払いの時期や方法などを確認し、支払いができるように準備をしましょう。

さいごに

数百万円の支払いが発生する結婚式費用です。

直前になって支払いに慌てないために、いつまでにいくら用意すればよいのかをしっかり把握し、計画的に資金の用意をしたいものですね。