【披露宴スタイル①】 ホテル

結婚式といえば真っ先に思い浮かぶのがホテルでしょう。

チャペルや神殿、披露宴会場を備え、ゲストが快適に過ごせる控室やきれいな化粧室など設備面が充実していることからとても人気があります。
ラウンジやロビーなど設備自体が広いというのは招待客が待ち時間をゆったり快適に過ごすには最適です。

また、披露宴を行えるホテルはリッチ的に交通のアクセスのよいところが多く、会場と同じ場所に宿泊もできるため、遠方からのゲストが多い際は重宝します。
ホテルによっては挙式当日の宿泊プランが付いていたり、結婚1周年記念の宿泊サービスなどお得に宿泊できるサービスもあります。

格式を重んじる場合は、ホテルでのウェディングは最適で、歴史や格式があるホテルならば年代を問わず信頼が高く安心感があります。

ただし、人気があるゆえに大安吉日などは予約が集中し、希望の日時に予約が取れなかったり、複数の結婚式が重なって招待客でロビーが混雑してしまう可能性もあります。
さらに、ホテルでは挙式がパックプランになっていることが多く、持ち込み料がかかる場合が多くあります。自分たちのお気に入りの衣装や、引き出物の持ち込みが制限されたり、持ち込み料がかかる場合があるので、初めに確認しておきましょう。

ホテルのメリットとデメリットは?

ホテルのメリット
  • チャペルや神殿、ロビー、控室などの設備が充実しており、快適な時間が過ごせる
  • 有名ホテルなど格式高い会場で立派な挙式がおこなえる
  • お得な宿泊プランがついていることが多い
  • 広い宴会場なら多くのゲストを招待できる
ホテルのデメリット
  • 立地条件が良い場所が多く、料金が比較的高くなる傾向がある
  • 大安吉日など人気が集中し予約が取りにくい