結婚式を挙げることに乗り気じゃない彼をその気にさせるとっておきの方法とは

結婚式を挙げるとなるとお金がかかるうえに、準備が大変だったり、恥ずかしいといった理由で結婚式を挙げたがらない男性は多くいます。
女性にとっては結婚式でウェディングドレスを着るというのは幼い頃からの憧れだったという方も多いでしょう。

もし彼が結婚式を挙げる気がないと言っている場合はどうすれば彼をその気にさせることができるでしょうか。

まず、彼の結婚式を挙げたくないという言い分を考えてみましょう。

彼はなぜ結婚式を挙げないと言っているのでしょうか。
その理由を解消しない限りは彼に納得してもらって結婚式を挙げることは難しくなります。
それに、いやいや結婚式を挙げても出席してくれた人が楽しめないうえにとても失礼にあたります。

結婚式を挙げたくないという男性の本音とは?

お金がかかる

0133

結婚式を挙げるには数百万円単位の金額がかかることが一般的です。

ご祝儀である程度まかなえるとしても普通に結婚式を挙げるならば自己負担が発生します。
結婚式に使うお金があるのならその分を貯蓄したり、旅行に行ったりするなどこれからの生活のために使いたいというのは男性であれば将来を見据えてそのように考えるのも当然です。

また、出席してくれる人にもご祝儀として3万円を出してもらうのも悪いと考えている場合もあります。

その場合は、本当に祝福をし、お祝いをしてくれる人だけを招待して小規模な結婚式を挙げることもできるのでそのことを提案してみてはいかがでしょうか。
工夫次第では結婚式代金の節約もできるし、なんとかする手立てもあります。
お金がかかるから最初から結婚式を諦めるというのはもったいないことです。

準備の時間がもったいない

0134

結婚式を挙げるには数か月から1年ほどの準備期間がかかるのが通常です。
休みの日にも打ち合わせなどで頻繁に式場を訪れる必要があるため仕事で疲れて休日にリフレッシュできないというわけです。

たしかに、結婚式を挙げるには相当の期間と準備が必要になります。
ですが、結婚式準備は夫婦になるための大切な準備期間にもなります。
お互いに役割を分担し、限られた予算の中でやりくりをするというのはこれから夫婦生活を営む上でのよい予行演習にもなります。

彼に役割をお願いしたり、予算の管理を任せるなど、結婚式準備を通じて彼を頼りがいのある男性へと変身させることもできるため、決して無駄な時間にはならないでしょう。

大勢の人の前に出るのが恥ずかしい

0135

男性は、大勢の人の前でさらし者になるような気がして恥ずかしいという意見をよく聞きます。

しかし、人生の中でこんなに大勢の人にお祝いをしてもらえる機会というのは結婚式でしかありえません。
大勢のひとに笑顔で祝福されるというのはとても幸せな気分になります。
これは一度味わってみないとわからないほどです。

これは気持ち次第なので、恥ずかしいと思う気持ち以上のメリットを感じられればこの問題はクリアできるでしょう。

彼をその気にさせるには?

それでは、これらを解消した上で、彼に結婚式を挙げたいと思わせるにはどうしたらよいのでしょうか。
さりげなく彼にメリットを感じてもらうことがポイントです。

彼をブライダルフェアに誘う

0136

あくまでもデートの一環としてブライダルフェアに誘ってみましょう。

いまやブライダルフェアには式場の見学だけではなく、婚礼料理の試食や割安でコース料理が食べられるものも多くあります。
結婚式場を探しに行くというと嫌がる彼でもロケーションのよい場所で料理が食べられるということをアピールすれば嫌とは言わないでしょう。

また、模擬挙式や模擬披露宴を行うブライダルフェアもあります。
いままであまり結婚式に出席したことのない彼だと、いざ自分が結婚するとなりブライダルフェアで素敵な会場や花嫁姿のモデルさんなどを目にすると一気にスイッチが入る可能性があります。

ブライダルフェアに参加して結婚式に対するイメージが変わったという男性も多くいます。
男性はひとたびスイッチが入ると結婚式に対して前向きになりとても積極的になるものです。
このように結婚式場の持っている特別な力は大きいものです。

ブライダルフェアはその式場が力を入れて結婚式の良さをアピールしてくれます。
素敵な式場内を案内してもらい、模擬挙式などを見学し、あなたはただ目を輝かせていればよいのです。
これを利用しない手はないでしょう。

試食付きのブライダルフェアは
ゼクシィ

などから探せます。

結婚情報誌をさりげなく置いておく

ゼクシィ』などの結婚情報誌は式場探しから結婚式準備までと幅広く活用できますが、この結婚情報誌を使って彼をその気にさせることもできます。

すでに一緒に暮らしているならリビングなどにさりげなく置いておきましょう。
日頃あなたが熱心に読んでいれば、あなたがいない間にパラパラとめくってみるかもしれません。

中身をめくってみると華やかな式場の写真やウェディングドレス姿のモデルさん、出席している新郎新婦の両親の姿など感動的な場面が紙面に溢れています。
これを目にしたら彼の心の中にも響くものがあるはずです。


ただし、『ゼクシィ』は女性では持って帰ってくるのが大変なくらいの重量がありますから、彼に買ってきてもらうか、ネットで注文し、届けてもらうと良いでしょう。

結婚式の感動体験を共有する

あなたが最近結婚式に出席したならその時の写真を彼に見せてあげてください。
そして、どんなに素敵だったか、花嫁が綺麗だったかを目を輝かせて話してあげてください。

そして、可能なら友人の結婚式や二次会に一緒に出席してみてください。
結婚式は花嫁だけでなく、出席した女性も美しく着飾りキラキラした表情になります。
彼女が嬉しそうにしている姿を見て彼もきっと前向きに考えてくれるでしょう。

それでも彼が前向きになってくれないなら

いろいろ努力をしてみても彼が前向きになってくれないのなら、身内や親しい友人だけを招待しての小規模な結婚式を提案してみてはいかがでしょうか。

0132

いまや盛大に行うことだけが結婚式ではなく、さまざまな結婚式のカタチがあります。
親族や親しい友人だけで挙式や会食を行い、仲の良い友人などを招いて二次会としてパーティーを行うカップルも増えています。
これであれば、費用も抑えられて、準備期間も短縮できます。

少人数専門&格安ウェディング式場【小さな結婚式】
など、少人数の結婚式を行える会場も多くあるので、そんな彼もきっと満足してくれるでしょう。



さいごに

結婚式を挙げたくないと言っている彼には、結婚式を挙げたくない理由を上回るメリットを感じてももらうことが大切です。

結婚式を挙げるということは、この先ふたりで幸せになるための大切な土台となるものです。
あなたの理想とする素敵な結婚式が挙げられるよう願っております。