働きながら結婚式準備を成功させる最も大切な2つのポイントとは

結婚式の準備は、予想以上にこなさなければならないことが多く、特に直前期になると忙しくやることが目白押しです。
さらに、仕事をしながらだと結婚式準備に専念することもむつかしく、多くのカップルが苦労しているところでもあります。

結婚をしようと思う時期は仕事においても忙しく、充実している時期ではないでしょうか。
今は仕事が大事な時でバリバリ働きたいと思っている人も多いでしょう。

ここでは、仕事と結婚式の準備を両立し、働きながら結婚式準備を効率よく進めるヒントをご紹介します。

結婚式準備で一番忙しい時期って?

まず、結婚式準備で忙しくなるのは結婚式の3ヶ月前からです。
その中でも、一番忙しくなるのは、言うまでもなく、結婚式直前です。

また、結婚式場探しをする時期もいくつかのブライダルフェアを回る必要があるため、忙しくなる時期でもあります。

この忙しい時期にいかに効率的に動けるか、さらにはこの時期以外にできることはなるべく早く終わらせておくというのが一番のポイントになります。

まず、結婚が決まり、結婚式を行いたい時期を決めたら余裕を持って早めに式場探しを始めましょう。
期間としては式の1年くらい前から式場探しを始められたら理想的です。
そして、式場が決まったら3ヶ月前や直前期までにできることは終わらせるようにスケジュールを立てましょう。

結婚式準備で時間がかかることは?

式場探し

0128

まず、結婚式準備で最初に行うのは式場探しです。

仕事が休みの日にブライダルフェアに足を運び、式場の見学やプランナーさんと相談しながら見積りをもらい検討をするという作業を行います。
初めての体験で気力も体力も使う作業ですが、ここをおろそかにすると後々希望していた結婚式が挙げられないなどの問題も出てきます。
結婚式場選びはあなたの理想の結婚式を挙げるための大事な第一歩となります。

忙しくて、なんどもブライダルフェアに足を運べないのであれば事前に式場検索サイトや口コミサイトなどを参考に下調べを行いましょう。

【ゼクシィ】結婚式場予約 お好みの条件でぴったりの会場が見つかる

ウェディングドレス選び

0127

一生に一度しか着ることのないウェディングドレス。
次から次へと素敵なドレスが目の前に現れ、どれもよく見えてしまいなかなか決めることができなかったという花嫁さんもたくさんいます。

こだわり始めるとドレス選びでも運命の1着に出会うまでに多くの時間がかかります。

仕事が休みの日にドレスショップまで足を運び、1着1着試着するの体力を使い、とても大変です。
そのためには、事前に自分の着たいドレスのイメージを定めて事前に衣装担当に伝えるなど用意してもらったドレスとのアンマッチを防止する必要があります。
さらに、ドレスを決めるまでの期限を決めたり、提携のショップにあるものの中から選ぶなどどこかで割り切りが必要になります。

招待客の選定と席次決め

97eb5319

どこまで結婚式に招待するのかという線引きがむつかしく、あの人を呼んだんだから、この人も呼ばないといけないなと考えはじめるとなかなか決まらないのが、この招待客を決めるという作業。

さらに席次を決める段階でも招待客それぞれの関係を考えて席次を決める必要があるため、時間がかかったというカップルが多数です。
披露宴会場の収容人数もさまざまなタイプがあるので、式場を決める段階である程度招待する人数を考えておく必要もあります。
これは結婚式を挙げると決めた段階から考えておきましょう。

結婚後の新居を決める

ふたりの新生活のはじまりとなる新居探しですが、これは結婚式準備と並行して行わなければなりません。
これも結婚式を挙げる時期が決まった段階から情報収集を始めましょう。

結婚式直前になると結婚式準備に追われバタバタとしてしまうので、早めに条件等を含めふたりでしっかり話し合っておく必要があります。

マイナビウエディング

働きながら結婚式準備を成功させるポイント

準備は前倒しで

結婚式直前は準備でとても忙しくなります。
この時期になって慌てないように準備は前倒しで進めていきましょう。
お互いの事情や仕事の繁忙期を考えて前倒しでスケジュールを組んでいけば余裕を持った結婚式準備ができるでしょう。

すべて自分たちでやろうと思わない

0038

プロフィールムービーやウェディングアイテムの作成をすべて自分たちでやろうとすると予想以上に時間がかかります。
ここだけは譲れないという優先順位を付けて、任せられるものは友人やプロにお願いするとよいでしょう。

プロに依頼したり、友人への御礼を支払ったりと金額もかかりますが、直前になって慌てたり中途半端な状態で結婚式を迎えるよりはよほど精神衛生的によく、あとあと振り返ったときにもいい結婚式だったと思えるようになります。


スキマ時間の有効活用

ふたりとも仕事をしているという場合、週末や休みの日だけでまとめて時間を取って準備するというのは意外と難しいものです。
まとまった時間が取れなくても、通勤時間や休憩時間などのスキマ時間にできることをリストアップしておき、時間が空いたら少しづつ取り掛かるとよいでしょう。

マートフォンを有効活用して効率的に

0129

スキマ時間を有効活用する上で威力を発揮するのがスマートフォンです。

通勤時間や昼休みなどの休憩時間にはドレスやブーケのデザインを探したり、披露宴で行う演出や準備に関する情報をチェックできます。
また、音楽配信サービスや取り込んだ楽曲の中から披露宴で使うBGMを探すことができます。
そして気に入った楽曲はそのままスマートフォンから購入することもできます。

さらに、プランナーとのメールのやり取りもスマートフォンから行うこともできるので、こうしたスキマ時間を有効活用すれば、まとまった時間が取れなくても準備を進めることができます。
そして、まとまった時間が取れた時は、アイテム作りやムービー作りにあてることができます。


ふたりでデータを共有して認識の共有を

0130

気に入ったドレスのデザインやウェディングケーキ、ブーケなどの写真や招待客のリストなどをスマートフォンを介して共有することができます。
GoogleドライブDropboxなどのストレージサービスを使うことで、自分で保存したものを即座に相手と共有することができます。

ふたりで同じフォルダを使うことができるので、いちいちメールなどで送り合うよりも見やすく、後で振り返ったときにも思い出として残るのでおすすめです。

両家の承諾がもらえれば挙式前から一緒に生活するのもあり

すでに同棲をしているのならば帰宅した後や休日にもふたりで準備できる時間があるのですが、別々に住んでいるのならばこれを機に同棲を考えてもよいかもしれません。

一緒に生活していれば、準備の進捗具合が把握しやすく、お互いフォローしあえるのでお互い働きながらでもしっかりと準備を進めることができます。
もちろん、ご両親には事情を説明し、承諾を得てからにしましょう。

さいごに

ふたりとも仕事をしながらでも、工夫次第ではしっかり準備をすることができます。

働きながら結婚式準備を成功させる最も大切な2つのポイントは

  • やるべきことをしっかり把握する
  • できることは前倒しで進めていく

この2つです。

忙しい時もあり大変かもしれませんが、ふたりで力を合わせて乗り切ってください。