顔合わせ食事会に向けて両家で決めておきたい服装や手土産について

顔合わせ食事会をおこなう際に、当日の服装はどうするのか、手土産は持参するのかなど、新郎新婦となるふたりで事前に決めておくことや確認しておくことがあります。
これは、ふたりのことだけではなく、お互いの両親にもかかわることです。

これを怠ると、食事会当日に雰囲気が悪くなったり、それぞれの親にとっての印象を悪くする可能性もあるのでここで確認しておきましょう。

当日の服装について

顔合わせの際の服装はふたりで事前に相談し、スタイルを合わせるようにします。
あまりにカジュアルすぎる服装は避け、会場に合った服装にすることが大切です。

0123

ここでは、おしゃれを意識するよりも清潔感のある落ち着いた服装をチョイスするようにしましょう。

男性であればダークのスーツ、女性であれば清楚なワンピースがおすすめです。


片方がきっちりした格好をしているのに、もう片方がカジュアルすぎるというのはふさわしくありません。
ふたりの服装の格を合わせることが大切です。

また、ふたりの服装に合わせて両家の親同士も服装の格を合わせてもらいましょう。

あまりかしこまりすぎた会にしたくないのなら、少しカジュアルなシャツとジャケットでもよいでしょう。
ただし、親だけフォーマルな格好で、ふたりがカジュアル過ぎたり、片方の家族だけカジュアルすぎるというちぐはぐな状況は避けるように注意しましょう。
これは、親の意見も聞きながらふたりで考えましょう。

(参考)男性でスーツの場合

ヘアスタイル 髪の毛がボサボサになっていないか。事前に美容室へ行き、清潔感のある髪型にします。ワックスは控えめにし、ガチガチのセットは好ましくないでしょう。
極端に明るい色は避けます。
服装 落ち着いた色のスーツ。スーツとワイシャツに事前にアイロンをかけ、ズボンにも折り目をつけておきます。
ワイシャツ・ネクタイも派手なものは避ける。
足もと 革靴をしっかり磨き、スーツと色を揃えます。
中敷きの汚れやかかとの磨り減りにも気をつけます。
靴下もできれば新しいものを用意しましょう。

(参考)女性の場合

ヘアスタイル&メイク 明るすぎる茶髪や金髪は避け、清潔感のある髪型、ナチュラルメイクを心がけましょう。
濃すぎるメイク、ノーメイクはNGです。
また目にかかる前髪は暗い印象を与えるので、分けるか切るようにします。
服装 派手すぎない色のワンピースがスカート。
スカート丈はひざ下くらいでミニスカートやタイトスカートは避けます。また、胸元が大きく開いていないかチェックします。
足もと 素足はNG。ナチュラルな色のストッキングで、パンプスがおすすめ。
ブーツやミュールは避けましょう。
その他 ネイルも派手過ぎないかチェックしましょう。そして香水も控えめにしましょう。
玄関で靴を脱いで上がるため、脱ぎにくい靴も避けた方がよいでしょう。

上品なワンピースを探す

手土産は必要か?

0118

両家の親御さんにとってみたらはじめてお互いの親に会うわけですし、手土産を用意するというのは自然な流れでしょう。

手土産は必ず用意しなければいけないのか?

これからの長い付き合いの第一歩としての食事会では「これからどうぞよろしくお願いします」と手土産を用意するケースも多いでしょう。
しかし、しきたりを重視したい家もあれば、もっとカジュアルに食事会を行いたいと考える家もあり、必ず用意しなければならないというわけではありません。

両家の親の意向を聞いたうえで、手土産は用意するのか、用意するとしたらどの程度のものを用意するのかということをふたりでしっかり話し合って決めましょう。
片方が用意してきたのにもう片方が用意していなかった、ということは避けるようにします。

どちらかの自宅で食事会を行うときは手土産を用意した方がスマート

どちらかの自宅で顔合わせの食事会を開く場合は、訪問する側が手ぶらというわけにはいきませんから、礼儀として手土産を用意したほうがよいでしょう。
その場合は、お返しや足を運んでくれたお礼に、訪問を受ける側も手土産を用意しておくとよいでしょう。

どのような手土産を選ぶのがよいか

0119

手土産を渡すのならば相手に喜んでもらえるものを贈りたいものですが、神経質になりすぎる必要はありません。
まだ会ったことのない相手に本当に喜んでもらえるものをチョイスすることは難しいものですし、手土産は儀式的に渡すものですので、失礼のないごく一般的な手土産を選べばじゅうぶんでしょう。
洋菓子や菓子折りなどを用意すれば大きく外すことはないでしょう。

とっておきのお土産スイーツを探す

親にも意見を聞き好きなものをリサーチ

親にも意見を聞きながらふたりでそれぞれの好みに合いそうなものをチョイスしましょう。
実家が地方であればその地方の名産品や有名店の品を選ぶと喜ばれるでしょう。
お互いの家族のことを話し合い、理解を深めることで顔合わせ当日の話題を見つけることもできます。
さらに、相手の家族構成も考え手土産を選ぶとなお喜ばれるでしょう。


さいごに

ここで、ひとつ気をつけておきたいのが、手土産を買うお店についてです。

相手に喜んでもらおうと一生懸命選んだ手土産であっても、相手の家や食事会会場の近くで購入すると、その場で間に合わせで用意したと思われてしまいます。
そうならないためにも、手土産は事前に用意しておくのが望ましいでしょう。