レンタルドレスが汚れないか心配! 汚れやすいシチュエーションと対処法とは

挙式や披露宴ではウェディングドレスをレンタルすることも多いと思います。
気軽にレンタルできるウェディングドレスですが、そのドレスを汚してしまったらどうしようかと不安になる花嫁さんもいらっしゃるでしょう。

ここでは、ドレスを汚しやすいシチュエーションを確認し、万が一汚してしまったらどうするかを確認しておきましょう。

ドレスが汚れやすいシチュエーションとは

歩いて移動する場面

まず考えられるのは、挙式会場から披露宴会場、さらには二次会会場への移動の場面です。

トレーンと呼ばれる長い裾は歩いて移動する際にどうしも地面にすって汚れてしまいます。
衣装スタッフや介添人が付いてくれる場合は移動時にトレーンを持ってくれますが、いない場合は誰かに友人に持ってもらうようにしましょう。

また、トレーンが長いと隣を歩く新郎に踏まれてしまい、汚れたり最悪な場合、破れてしまうことも考えられるので、新郎にも気をつけてもらえるようお願いしておきましょう。

さらに、ゲストのテーブルの間など、狭い場所を移動する際はブーケやドレスの飾りがテーブル上のグラスに接触するなどして衣装を汚してしまうケースもありますので、特に注意が必要です。

乾杯や飲食をする場面

披露宴中、ドレスの汚れが気になるからと何も食べないのは大変ですし、もったいないことです。
飲食をする際は、ハンカチやナプキンを膝の上に置き、手を添えていただき、普段よりも注意し、エレガントに見えるようにゆっくりと口元に運べばよほどのことがなければドレスを汚すことはないでしょう。

赤ワインやソースが付いたものをいただく際は特に注意しましょう。
エレガントに見えるように振る舞うことを意識していれば大きくドレスを汚してしまうようなことはないでしょう。

ファーストバイト

ファーストバイトとは新郎新婦でケーキを食べさせあう演出で、披露宴の定番の演出となっています。
この時、生クリームをこぼしやすいので注意しましょう。

キャンドルサービスなどの火を使う演出

キャンドルサービスで席を移動する際も注意が必要です。

狭い間隔を移動する際にキャンドルの蝋がたれたり、炎が接触してしまうなどひとつまちがえたら大事故につながってしまいます。
しっかりと誘導をしてもらい、静かにゆっくりと移動するように意識しましょう。

万が一汚してしまったら…

万が一、ドレスを汚してしまった場合はどうすればよいでしょうか。

飲み物や雨などの水分がかかった場合は、すぐに綺麗なハンカチや厚手のタオルで表と裏から挟むようにして水分を吸い取りましょう。
このとき、生地をこするように拭いてはいけません。

また、ワインなど色がついてしまいそうなものをこぼしてしまった場合は、濡れたタオルに中性洗剤をつけてたたくように汚れを吸い取りましょう。そして乾いたタオルで叩いて乾かします。

食べ物をこぼした場合は、ハンカチやティッシュで静かに取り除きます。
この時、決してこすったり、強く押し付けて汚れを広げないように気をつけましょう。

そして、すぐに介添人や衣装スタッフに伝え、対処してもらいましょう。
自分の判断で対処しようとするとかえって汚れを広げてしまいますので注意しましょう。

汚してしまった場合のクリーニング代は

ドレスショップではレンタル代金にクリーニング代やメンテナンス代金も含まれていることが一般的で、含まれていなくても別途クリーニング代金はいくらと規約や案内に明示されているので必ず確認をしてください。
緊張で汗をかいてしまうこともあると思いますが、普通に着ることによって想定される汚れは通常の基本料金で収まることが多いので心配はいりません。

ただし、通常の使用を大きく超えた汚れの場合は別途クリーニング代金が請求されることもありますので、ドレスをレンタルする際は事前に確認しておきましょう。

さいごに

ドレスを汚してしまったらテンションも下がり、クリーニングのことを考えるとせっかくの結婚式も台無しになってしまいます。
まずは、汚れやすいシチュエーションを知り、すぐに対処できるようにしておきましょう。