【挙式スタイル①】 キリスト教式

挙式といえばまっさきにイメージするのはこのキリスト教式のスタイルではないでしょうか。

現在、挙式を行うカップルの約6割がこのスタイルを選んでいます。
教会で純白のウェディングドレスを着てバージンロードを歩く。
女性であれば一度は憧れるのではないでしょうか。

親や親戚のみならず職場の人や友人も大勢の方が参列でき、ブーケトスやフラワーシャワーなど招待客が一緒に参加できるイベントが多く、より多くの人に祝福してもらえるのも魅力のひとつでしょう。

ホテルや専門式場に併設してあるチャペルで行うほか、一般の教会でも挙式をあげられるところもあります。

式場以外の教会でキリスト教挙式を行う際の注意点

チャペルで行う場合の注意点として、キリスト教は大きくカトリック派とプロテスタント派に分かれますが、カトリック派では新郎新婦どちらかが信者でなければ挙式を行うことができません。
プロテスタント派は手続きを経れば挙式が行えるところが多くあります。

また、一般の教会では、神聖な儀式の場としての意味から挙式の最中は写真やビデオの撮影が禁止されているところも多くあり注意が必要です。
また、挙式専用の施設ではないため、衣装やヘアメイク、装飾などは自分たちで用意する必要があります。披露宴会場も併設していないことも多いので、別途手配する必要もあります。

キリスト教式の基本的な流れ

※一般的な式次第です。式場によっては異なる場合があります。

参列者入場
親族・友人などの参列者が入場します。正面向かって新婦関係者が左側、新郎関係者が右側に内側から詰めて座ります。
牧師と新郎入場
まず牧師、続いて新郎が入場します。正面向かって右側に新郎が立ち、新婦の入場を待ちます。
開式の辞
牧師が開式を宣言し、式が始まります。
新婦入場
新婦のお父様もしくは親族にエスコートされ、新婦が入場します。
そのとき新婦が右手を相手の腕にかけ、左手にブーケを持ちます。聖壇に向かい左側に到着したら、新郎はエスコート者から新婦の手を受け取り、新郎新婦並んで正面を向かいます。
讃美歌斉唱
エスコート者が席に戻り、全員が起立し讃美歌を斉唱します。
聖書朗読・誓約
全員が着席し、牧師が聖書の一節を朗読します。
その後、牧師から新郎新婦それぞれに誓約の質問をします。
「健やかなる時も、病めるときも…」というあの質問です。
指輪の交換
婚姻の証として、お互いの左手薬指に指輪をはめます。
まず、新郎から新婦へ、次いで新婦から新郎への順番で行います。
誓いのキス
新郎が新婦のベールをあげ、誓いのキスをします。
結婚宣言
新郎新婦並んで参列者の方を向き、牧師が二人の結婚が成立したことを宣言します。
結婚誓約書に署名
新郎、新婦、証人(または牧師)の順で結婚誓約書に署名をします。
讃美歌斉唱
再び全員で起立し、結婚が成立したことを祝う讃美歌を斉唱します。
新郎新婦退場・閉式の辞
新郎新婦腕を組二人で退場します。大きな拍手に包まれ、感動的な場面となります。 その後牧師が式の終了を宣言します。

キリスト教式のメリットとデメリットは?

キリスト教式のメリット
  • 多くのゲストを招くことができるため、多くの人に祝福をしてもらえる
  • 専門式場やホテルなど様々なバリエーションのチャペルから選ぶことができる
キリスト教式のデメリット
  • 宗派によって事前手続きやできることできないことの制約がある