もらってちょっと困った引き出物とは

結婚式に出席してくれた方へ感謝の気持ちを込めてお渡しするものが引き出物です。

しかし、そんな引き出物でも、いざ自分がもらってちょっと困ったという経験はないでしょうか?
ある程度決まった物のなかからみんなに満足してもらえるものを選ぶのは意外と難しいものです。
引き出物を楽しみにしている人も多く、せっかく贈るのですからみんなに喜んでもらえるものを選びたいですよね。

ここでは、もらってちょっと困った引き出物とはどういうものか、という声を集めてみました。
引き出物選びの参考にしてみてください。

持ち帰りが大変なもの

もらって困ったと一番よく聞くのは、大きなものや重いもの、また割れやすいものなど持ち帰りが大変なものです。

具体的には大きなお皿や花瓶などがこれにあたります。
披露宴のあとに二次会や仲間内で飲みに行く時に大きな荷物があったのではゲストが大変な思いをしてしまいますし、遠方から来てくださった方も持ち帰りに苦労してしまいます。

しかし、お皿は人気の引き出物でもあります。
大きなものや重いものは後日郵送するなどの気遣いが大切です。

花瓶やグラスなどは家に帰るまで割れやしないかととても気を遣いました。
もらった引き出物が大きくて二次会、三次会と持ち歩くのが大変でした。

新郎新婦の名前や記念日の日付、写真入りのグッズ

箸や食器、時計などに新郎新婦の名前や写真を入れたものは評判はあまりよくありません

ふたりの名前が入っているものはあまり使う機会もなく、捨てるわけにもいかず、処分にも困ってしまいます。
記念日はふたりにとっては大切でも、ゲストにとってはなんでもない日だということです。

もし、名前を入れたいのならラベルや包装紙などに入れる程度にとどめ、扱いに困らないように配慮する必要があるでしょう。

ふたりの写真がプリントしてあるものは使う気になれず、かといって捨てるのも悪い気がして引き出しの奥に入れっぱなしです。

タオルなどの定番品

引き出物にタオルを選ばれる方も多いと思います。

タオルならば重くないし、持ち帰るのも楽ですし、生活には必要なものだから喜んでもらえると思って選ぶこともあるでしょう。
しかし、タオルはいまさら家にもたくさんあるし、収納にも困るからもらってもな…という方もいます。

その場合は、素材の良いものや今治タオルなどのブランドのあるものなど普段自分ではあまり買わないようなものを選ぶと喜ばれるでしょう。

タオルは家にたくさんあるし、収納場所も必要だしちょっと困りました。 ブランドのタオルなど、普段自分じゃ買わないものなら嬉しいです。

置物などのインテリアグッズ

室内に置物やインテリアグッズなどの「飾りもの」は特にもらった人の好みがはっきりとあわられるものです。

もらった人の趣味に合っていればまったく問題はないのですが、趣味に合わないものは部屋に飾られることはまずありません。
インテリははひとそれぞれ趣味がはっきりと分かれます。

全員が気に入ってもらえるものをインテリアグッズは選ぶのが難しいので、特段の事情がなければ避けたほうが無難でしょう。

趣味に合わないものは部屋に飾りたくありません。趣味がはっきりわかれるものはやめておいたほうがいいと思いました。

さいごに

せっかくの引き出物ですから、相手に気に入って使っていただけるものを選びたいものですよね。
そのためには、贈る相手によって引き出物を変えたり、まわりの人の意見を参考にしてみるとよいでしょう。

自分たちの贈りたいものを贈るのももちろん大事ですが、受け取るゲストの身になってもらったら嬉しいか、扱いに困らないかなど考えてみることも必要ではないでしょうか。