結婚式当日の親族紹介の仕方とポイント

親族紹介とは結婚式当日に式に出席する両家の親族が一堂に会し、それぞれを紹介し合う儀式です。

結婚とは、新郎新婦二人だけの問題ではなく、二人が夫婦となることで、それぞれの家と家とのつながりが生まれます。
親族紹介はそのための儀式としておこなう大切なものです。

両親は事前に顔合わせを済ませていることが多いのですが、親戚ともなると結婚式当日に初めて顔を合わせることが多いので、お互いの親族にとって初めての顔合わせという意味もあります。

親族紹介はいつおこなうか?

親族紹介は、通常は式場において挙式の前か、挙式と披露宴の合間の待ち時間に控室などで行われます。
その時に親族の集合写真を撮影することが多いでしょう。

誰が紹介(進行)をするか

媒酌人(仲人)を立てる場合は媒酌人(仲人)が親族紹介の進行役を努めますが、立てない場合は両家の家長である父親(不在の場合は親族の代表)がおこない、自分側の親族全員を順に紹介します。
新郎新婦が親族紹介の席に出席する場合は、自分たちで進行してもよいでしょう。

また、最近では式場側の仕切りで行ってくれる場合もありますが、自分たちで行った方がこれからの付き合いを考える上でもよいのではないでしょうか。

紹介する順番は?

ここで大切なのは紹介をする順番です。

一般的には新郎側から「血縁の濃い順番」で紹介をします。
つまり、新郎の父親、母親からはじまり、父方の両親、母方の両親、新郎新婦の兄弟姉妹、父方のおじ、おばなどと続いていき、次いで新婦側の父親からという流れになります。

紹介する順番
  1. 新郎の父
  2. 新郎の母
  3. 新郎の祖父母
  4. 新郎の兄
  5. 新郎の兄の妻
  6. 新郎の姉
  7. 新郎の父方のおじ・おば
  8. 新郎の母方のおじ・おば
  9. 新郎のいとこ…

まずは、新郎側が全員おこない、次に新婦側が行います。

紹介を受けたあとは名前と一言「よろしくお願いいたします。」程度の挨拶をするとよいでしょう。

年功序列だからと祖父母から紹介するのではなく、あくまでも新郎新婦との関係の近い人から紹介するのがマナーです。
紹介する順番が決まったら、当日はその順番に着席するよう事前に並びも決めておいたほうが当日の進行がスムーズにいきます。

ただし、土地によってはしきたりがある場合もあるので、両親や式場担当者に相談をし、紹介する順番を決めた方が良いでしょう。

近年増えている自己紹介方式

従来は家長であるそれぞれの父親(または親族代表)から紹介をおこなうものとされてきた親族紹介ですが、近年ではそれぞれが順番に自己紹介をする形式でおこなうカップルも増えています。
その際の自己紹介をする順番は代表者が紹介するのと同じです。

新郎新婦は出席するか?

新郎新婦が親族紹介に出席するかについては出席してもしなくてもどちらでも自由です。

結婚式直前で準備に忙しい新郎新婦は出席しない方が良いと式場側からは言われることがあるかもしれませんが、ここは是非出席することをおすすめします。
自分たちの親族同士がつながる大事な瞬間でもあり、結婚式前に親族と写真撮影などができる最後のチャンスでもありますので、可能であれば段取りをつけて是非立ち会っていただきたいと思います。

親族紹介の流れ

それぞれの父親から紹介する場合の例をご紹介します。
父親が不在の場合は親族代表者が行います。新郎新婦が直接紹介を行ってもよいです。

新郎側の挨拶

まず新郎側の紹介者から挨拶を行います。

新郎父「新郎の父○○でございます。本日はお集まりいただきまして誠にありがとうございます。当家の親族を紹介いたします。」

ポイント
まず、自己紹介を行い、本日集まってくださった御礼を述べます。

新郎側の親族紹介

新郎父「私の隣が、新郎の母の○○でございます。」

新郎母「母の○○と申します。どうぞよろしくお願いいたします。」

ポイント
・必ず、新郎新婦本人から見た続柄で紹介します。
・紹介者より年上でも敬称は付けないように注意。

新郎父「続いて、その隣が、新郎の兄の○○でございます。」

新郎兄「兄の○○と申します。よろしくお願いいたします。」

新婦側の挨拶

新郎側の紹介が終了したら、新婦側の紹介者の挨拶を行います。

新婦父「新婦の父○○でございます。当家の親族を紹介いたします。今後とも、よろしくお願いいたします。」

新婦側の親族紹介

新郎側同様に順番に親族を紹介します。

新婦父「私の隣が、新婦の母の○○でございます。」

新婦母「母の○○と申します。どうぞよろしくお願いいたします。」

改めて全員でお辞儀をし締めくくります

全員の紹介が終了したら改めて全員でお辞儀をして締めくくります。

新郎父「改めまして、今後とも末永いお付き合いよろしくお願いいたします。」


親族紹介は必ず行わなければいけないの?

この親族紹介ですが、必ず行わなければいけないものではありません。
事情があり親や親戚が出席しない場合など省略するというカップルもいます。

ですが、結婚を機に両家が親戚同士となり、つながりが生まれることになるので、結婚式の場で親族紹介をしない場合はそのほかの機会に親睦を深める場を設けるとよいでしょう。

さいごに

親族同士の初対面となる親族紹介は初対面同士、親族も緊張されていると思いますので、新郎新婦やご両親から声かけをおこなうなど和やかな雰囲気になるように心がけましょう。

まとめ
  1. 親族紹介はこれからの両家の関係にとってとても大切なもの。
  2. マナーや礼儀を重んじながらも和やかな雰囲気になるようにしましょう。
事前にチェックしておくこと
  1. 誰が紹介するか
  2. 出席者の確認(フルネームと新郎新婦との関係)
  3. 紹介する順番
  4. 立ち位置の確認