【招待に関する疑問】他に知り合いがいない友人を結婚式に招待してもよいのでしょうか?

結婚式に招待したい友人がいるけれど、招待客の中に他に知り合いがおらず、来てくれたとしてもひとりぼっちになってしまいます。 招待してよいものでしょうか?

どうしても結婚式に招待したい友人がいるけれど、その友人に他に共通の友達がいないときってありますよね。
来てもらってもひとりぼっちになってしまい、居心地が悪くなってしまうのではと考えると、招待するのも気が引けてしまうものです。

結婚式に呼ぶ約束もしているし、どうしても自分の晴れ姿を見て欲しい。
ここでは、共通の知り合いのいない友人を結婚式に招待する時にどんなことに配慮すればよいのかをご紹介します。

本人に確認し、知り合いがいないことの了承をとる

招待される側からすれば、仲良くしている友達から招待されないのも寂しいものです。
状況を説明して、出席するしないは友人本人の判断に任せるとよいでしょう。

状況を説明し、出席してくれるかどうか聞いても失礼には当たりません。
状況が状況なだけに、来づらかったら断っても大丈夫というニュアンスを伝えることが大切です。

事前に友人本人に状況を説明し、了承をもらってから招待しました。

同じテーブルの人に事前に声をかけてお願いをしておく

それでも出席してくれるという友人にはしっかりと気を配ってあげましょう。
友人が披露宴中孤立してしまわないよう、同じテーブルのゲストに事前に声をかけて気にかけてもらうえるようお願いしてみるのはいかがでしょうか。

また、仲の良いグループや友人夫婦などが一緒に出席しているなら、挙式から披露宴まで一緒に行動してもらえるようにお願いしてみるのもよいでしょう。

着席の披露宴でひとりぼっちでまわりに話をする人がいないと、披露宴中ずっと寂しくつらい思いをさせてしまいます
中にはずっと放ったらかしにされ、来なければよかったと思われてしまうこともあります。
それはせっかく来てもらった友人に対してとても失礼です。
そうならないように一人で来てくれた友人には特に配慮する必要があります。

話好きの友人や共通の趣味のある人の隣の席に座ってもらう

そこで、話好きの友人や世話好きの友人、共通の趣味のある友人など、一人で来てくれる友人と気が合いそうな人と隣の席に座ってもらうように席次を考えるのもよいでしょう。

あなたが結婚式に呼びたいと思うような友人ですからお互いのこともよくわかっているはずです。
それをきっかけに友人同士が仲良くなるということもあります。
そうなれば招待したこちらも嬉しい気持ちになりますよね。

もちろん、その友人と一人で来てくれる友人には事前に説明をし、お願いをしておくことが必要です。

同じテーブルの友人に事前に一人で来る友人のことを話しておき、当日その友人が孤立しないように配慮しました。

一人で来るゲストが他にいるなら同じテーブルに

もし、他にひとりで出席してくれるゲストがいるなら、同じテーブルに座ってもらうようにすると良いでしょう。

一人で来たゲスト同士会話をすることもできますし同じ状況の人が近くにいれば一人だけ孤立するということもないでしょう。
ただ、その場合にも事前に他の友人がどんな人なのかくらいのことを事前情報としてそれぞれの友人に伝えておきましょう。

一人で来てくれるゲストは同じテーブルに座ってもらい、事前に相手がどんな人なのかをそれぞれの友人に伝えておきました。

さいごに

一番に考えなければいけないのは、一人で来てくれる友人につまらない思いをさせないことです。
仲良しグループのテーブルに事前の説明なしに一人だけその友人を座らせたり、呼ぶだけ呼んでまったくケアをしないというのは考えものです。

また、一人で来るゲストは結婚式の前に連絡を取り合う人がいません
なので、結婚式前にも新郎新婦からちょくちょく連絡を取るなどしてゲストを安心させてあげることも大切です。

そうすればゲストも当日は安心して出席することができます。
常にそのゲストの立場に立って考えることが大切です。

まとめ
  1. 一人でも来てくれる友人は結婚式前からしっかりフォローを。
  2. 趣味や話が合いそうな人の近くに座ってもらったり、その友人のことをまわりに紹介しておくと辛い思いをせずに結婚式を楽しんでもらうことができる。