御礼の心づけや御車代の金額や渡し方のマナーとは

結婚式当日は会場のスタッフや主賓、受付を引き受けてくれた方々など、挙式から披露宴にわたるまでたくさんの人にお世話になります。
その方々に感謝の気持ちを伝えるために御礼や心づけを渡します。

そこで、誰にいくら渡せばよいのかの目安をご紹介します。

直前になって慌てないように、新札を用意し、やや多めに準備しておくと安心です。

まず渡す相手や金額をリストアップしてみましょう

御礼を用意する前段階として、まずは「誰に」「いくら」「いつ」渡すのかリストアップしてみましょう。

ふたりで確認をし、漏れや重複がないように注意しましょう。

心付けや御礼はどちらが負担するか?

心付けや御礼を新郎新婦どちら側が負担するのかについてですが、基本的には、式全体に関わる司会者や会場スタッフ、カメラマンなどは両家で折半、もしくは新郎側で負担します。
ヘアメイクや着付けなど、新郎新婦それぞれ別のスタッフがつくのでその場合は、新郎新婦それぞれが負担しましょう。

また、媒酌人に対する御礼は新郎側で負担することが多いようです。
さらに、新郎新婦がお願いする受付や余興などは、お願いをした側が負担します。

近頃では心付けや御礼はふたりの結婚式費用として等分で負担するカップルも増えています。
どちらが負担するかは両家が納得する形でそれぞれの親の意見を聞くことも大切です。

誰から渡す?

本来であれば自分たちの結婚式なのですから、自分たちで渡すのがベストではあります。

しかし、当日の身支度でバタバタしているうえ、特に新婦はウェディングドレスに着替えたり、ヘアメイクをしたりとお金を持って動き回るわけにももいきません。
そのため、事前にご両親などにお願いをし、両親から渡してもらうことが一般的です。

その際は、渡す人のリストをしっかり親と共有しておきましょう。

また、袋には相手の名前は書きませんので、渡し間違えのないように金額ごとに袋に分けるか、それぞれに付箋で渡す相手の名前を書いておくと安心です。

御礼を渡すタイミングと誰からいくら渡せばよいか?

会場の責任者やプランナーなどのスタッフ

会場に到着したタイミングや挙式前の準備時間中に「本日はよろしくお願いいたします」と挨拶を兼ねて心付けを渡します。
身支度で身動きが取れないようなら親から渡してもらいましょう。

心付けを受け取ってもらえない会場もあるので、その場合は金銭ではなく、菓子折りやギフトを贈るとよいでしょう。後日御礼の手紙を添えてお送りするのもよいでしょう。

受付を頼んだ友人・知人

受付係を頼んだ友人・知人が来館した段階で手渡します。

新郎新婦は支度中で表に出られないので、お願いした側の親から渡すとよいでしょう。

司会をお願いした友人・知人

司会者が来館したら手渡します。

こちらも新郎新婦は支度中でお会いできないことが多いので、お願いした側の親から渡してもらうとよいでしょう。
ご祝儀をいただいた場合は2~3万円上乗せすると良いでしょう。

主賓や乾杯の発声をお願いした人

披露宴に主賓として会社の上司や役員などをお招きした場合や乾杯の発声をお願いした人へは「御車代」をそのゲストの受付終了後に渡しましょう。

また、遠方からのゲストへは交通費や宿泊費を負担しますが、この段階で挨拶を兼ねて渡しましょう。
「本日はおいそがしいところありがとうございます。」と挨拶をし、目立たぬように頼んだ側の親から渡します。

誰に金額の目安いつ
受付をお願いした友人3~5千円受付係が来館したら
司会をお願いした友人3万円司会者が来館したら
式場関係者やヘアメイク、カメラマンなど5千円~1万円会場到着時や支度中
主賓・乾杯の発声をお願いした人1万円~ゲストが受付を済ませたら

媒酌人

媒酌人をお願いしている場合は、披露宴が終わった段階で控え室等で両家の親揃って御礼を渡します。

金額はいただいたご祝儀の倍をお渡しする「倍返し」が一般的で、10~20万円が目安です。
格の高いご祝儀袋に入れて往復のハイヤー代相当の御車代とともにお渡しします。

撮影や演奏を頼んだ友人

披露宴中の写真やビデオ撮影や演奏を友人・知人にお願いした場合は披露宴終了後に御礼を渡しましょう。

相手が割いてくれた労力に見合った額を披露宴終了後にふたりからお礼の言葉とともに渡しましょう。

スピーチや余興、アイテム作りを手伝ってくれた友人

スピーチや余興、ブーケやウェルカムボード等のアイテム作りを手伝ってくれた友人などにも披露宴終了後にふたりから御礼をしましょう。

相手が割いてくれた労力に見合ったお返しをすることが大切で、別途材料費がかかった場合はその額も見込んだ御礼をしましょう。

スピーチ、特に余興は仲の良い友人にお願いするのが一般的ですので、相手が気を使わないくらいの額のお礼をするのがよいでしょう。品物を送る場合は、披露宴終了になるべき早めに手配を行いましょう。

誰に金額の目安いつ
媒酌人いただいたご祝儀の倍返し+往復のハイヤー代相当の御車代披露宴終了後
撮影や演奏をお願いした友人・知人1~3万円披露宴終了後
スピーチや余興をお願いした友人・知人3千円~5千円程度の現金・ギフト披露宴終了後もしくは後日早めに
アイテム作りを手伝ってくれた友人・知人3千円~2万円+材料費披露宴終了後もしくは後日早めに

さいごに

結婚式直前は準備に追われて御礼のことまでなかなか気が回らないこともあるでしょう。

しかし、こちらからお願いしていろいろと役割を引き受けてくださっているのに、このあたりを疎かにしてしまうと今後の人間関係にも影響を与えることもあります。
親しき仲にも礼儀ありということを忘れずに、きちんと感謝の気持ちを表しましょう。