結婚式のご祝儀はいくら用意すればよいのか?相場と気をつけるべきこととは

結婚式に出席する場合はご祝儀を用意する必要があります。

これは結婚式当日に受付で手渡すのですが、いくら用意すればよいのか悩ましいところです。
ここでは一般的なご祝儀の相場やいくら包めばよいのか、そしてその際に注意すべき点をご紹介します。

ご祝儀の相場って?

まずはご祝儀の相場をみてみましょう。
新郎新婦との関係とゲストの年代別の一般的な相場は次のとおりです。

20代30代40代
友人・知人2~3万円3~5万円3~5万円
兄弟・姉妹5万円3~5万円5~10万円
いとこ2~3万円3~5万円5~10万円
会社の上司3~5万円3~5万円5万円~
会社の同僚・部下2~3万円3万円3万円
取引先関係3万円3万円3~5万円

友人や同僚の結婚式に出席するのであれば、一般的には3万円と言われていますが、ご祝儀に用意する金額はあなたの年齢や新郎新婦との関係性によっても変わってくることがわかると思います。

避けたほうがよい金額とは

基本的に偶数や不吉とされている数字は包まない

一般的に、偶数の金額は分けることができ、別れを連想させるため、避けたほうが良いとされています。

また、4や9も不幸を連想させるため避けたほうが良いでしょう。
特に仲の良い友達だから、相場の3万円に1万円プラスして4万円にしようというのはNGです。
その場合は、ご祝儀を5万円とするか、披露宴当日には3万円を用意し、別に1万円程度のお祝いの品を送ると良いでしょう。

偶数でもよい場合もある

しかし、例外的に偶数となってもよい場合があります。

まず、10万円や20万円など、桁が増える場合は偶数でもよいとされています。

また最近では2という数字はペア=「夫婦」と考えられ、2万円でもよしとされることが増えてきました。
社会人になりたての若いゲストなどであれば2万円でもよいでしょう。

その場合は、1万円札2枚ではなく、1万円札1枚と5千円札2枚の計3枚にするなど、お札の数が偶数にならないように注意しましょう。

また、8は末広がりという意味から、めでたい数字のため8万円もよしとされています。

では具体的にいくら用意するのがよいのか

3万円をまずひとつの基準として考えます

まず、3万円の根拠ですが、一般的な披露宴であれば、出席者一人あたりの費用は料理や飲み物などが15,000円から20,000円、引き出物が3,000円から5,000円ほどかかります。
新郎新婦が特にこだわった披露宴では一人あたりの費用が3万円を超えることもありますが、一人あたりの費用にお祝いの気持ちを乗せたものとして3万円を用意するのが一般的となっています。

こうして見てみるとご祝儀とは実質的にはゲスト本人の費用を支払っているとも言えます。
ご祝儀の金額はまずは3万円をひとつの基準として考えてみましょう。

あとは新郎新婦との関係性やあなたの年代、お祝いしたい気持ちを考えて金額を決めましょう。
兄弟姉妹や近い親族、経済的に余裕のある年代の上司などは5万円以上包むことが多いでしょう。

そして、もしあなたが結婚していて、過去に新郎新婦からご祝儀をいただいている場合はその金額を下回らないようにすることも大切です。

夫婦で出席する場合のご祝儀の金額は?

夫婦で披露宴に出席する場合はご祝儀はひとりひとり用意するのではなく、ふたり分まとめて用意します。

ただ、純粋にふたり分の金額と考えると、6万円となりますが、偶数となってしまうため、5万円か7万円のどちらかを選ぶことになりますが、5万円を用意するのが一般的です。
夫婦で招待された場合は、基本的に引き出物はふたりで一つのため、妥当な金額と言えます。

もし、足りないなと感じるようなら別に1万円程度のお祝いの品を送っても良いでしょう。

自分の結婚式に新郎新婦を呼んでいたら要注意

もし、あなたの結婚式に今回新郎新婦となる二人を呼んでいた場合は注意が必要です。

あなたはそのお二人からいくらご祝儀をいただきましたか?
もしふたりから3万円づついただいていたら今回5万円を包むだけでは少なくなってしまいます。

かと言って披露宴当日に6万円ご祝儀を渡すわけにもいかないので、当日は5万円用意し、別に結婚祝いとして記念品を送るとよいでしょう。

子供と出席する場合のご祝儀の金額は?

子供と一緒に出席する場合のご祝儀の金額は子供の年齢がポイントになります。

まず、子供用の席や食事の用意が不要な年齢の場合は基本的にはご祝儀は不要です。
もし、子供用にお土産などを用意してくれていた場合は後日お返しの品を送るとよいでしょう。

次に、お子様ランチなどを用意してもらう場合は1万円を夫婦の分に追加すると良いでしょう。

中学生以上になると大人用の食事を用意されるので、きちんとご祝儀を用意する必要がありますが、3万円では多いので2万円を追加するのが一般的です。

そして、大学生や社会人など立派な大人の場合は夫婦と一緒ではなく、子供の名前で単独で3万円を包むのが望ましいでしょう。

さいごに

以上が一般的なご祝儀の相場ですが、相場だからと金額を決めるのではなく、新郎新婦との関係性やお祝いしたい気持ちを一番に考えて金額を決めることが大切です。

また、友人グループや親族でまとまって出席する場合は差がついてしまうのも気まずいでしょうから事前に相談をして金額を合わせて用意するのもよいと思います。